音作衛門道楽日記 otozaemon.exblog.jp

音楽家のお遊び


by 遊楽音作衛門
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

恩師の生涯の作品集


c0185356_10265782.jpg

先生が好きだった色だ・・・
贅沢な作りになってる
こりに凝った装丁だ

そして型にはまらない
サイズというところも



c0185356_10265827.jpg

我々芸術家集団は
書道のことはわからずとも、
目を通したその時には、いろいろな思いが自己の内面に浮かび上がってくる

たとえ言葉にできなくとも
想念が・・・動く

瞬間的に作品の価値を、判断するよ


世間の人はこのオリジナルが何百万するんだろうかとの
貨幣価値や
有名や無名や
社会的な立場や、評判で
自分の評価を決めるんだが・・・・ね



音作は作品そのものの価値を
自分の中に即座に決定づける



恩師の美意識と、禅の思想を元としての想像力は
並外れている


彼の中には誰も入れない
誰も彼の美意識には近づけない
そして彼の作品をあんちょこに 評価する連中は
許されないことを
この美術書から、感じることができる



それはあんたの思いでしょ・・・
他の人はそんな風には思いませんよ
どこからか声が聞こえる



この一字から
何を思うか
いかに深く自己の内面を探求するか
浅ければ浅く、深ければ深い思い


自分の中にないものは
表出することはない

 
仏教哲学を学んでおいてよかったよ
これからも、ちゃんとやるから


自己成長なくして、芸術はない。






Commented at 2014-07-24 18:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hamaremix at 2014-07-25 01:54
このタイトルの字「孤」は先生が若い頃に衝撃を受けたと書かれていた江口草玄さんの書なのですよね。
絵、音楽、書、に関わる人は皆、感覚に特価した人だから、古楽器の音色に今まできいたことのないものを体験したのだから、皆感覚を研ぎすましたんだと思う。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yuurakuotozaemon | 2014-07-24 08:44 | 遊楽画廊 | Comments(2)