音作衛門道楽日記 otozaemon.exblog.jp

音楽家のお遊び


by 遊楽音作衛門
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:トキちゃんの闘病日記( 6 )

久しぶりにトキちゃんにあった
トキちゃんの移植した腎臓は、お母さんの腎臓で
膵臓も移植でしょ・・・
その腎臓が、ダメになってしまって
1日おきに透析をして何年目かな・・・

腎臓をくれたお母さんは元気で
もともとは体が強い家系なんだろうが
膵臓はまだ健在だ




でも、母親の腎臓をダメにしてしまって、申し訳なくて
せめて平穏な生活をしているって
安心してもらいたいの


他の移植友達はどうしている?
阪大病院で一緒だったあの人は?


足がよろついて、誘っても断られるんだけれど
でも。。。。生きてる


移植手術は提出した人も、
それを受けた人も
リスクが多いけれど、医者はそれを予測できないからな
説明の方法がないからさ


先のことは大学病院の先生でもわからない
でも私は
結婚したトキから、もうそろそろ10年になるわ


c0185356_19493720.jpg

トキちゃんは、いつも淡々と話をして、、、
よく聞いていないとその思いがわからない


トキちゃんの生活は平凡な主婦の生活だけれど
団地は高齢者が多くて
その人たちの話を聞いて



私が励まして欲しいのに、これってちょっと酷くない??って
思うこともあるんだけれど
なんとか付き合って
励まされる時もあるけれど・・・・002.gif


そうか、、、低周波音被害者も同じことを言ってるよ
自分が大変なのに、さらに駆け込んで来る被害者の面倒を見て
そして健常者からは二次的差別を受けてって


私の祈りはとにかく・・・




命を長らえることやね
わかってるよ







by yuurakuotozaemon | 2017-01-18 09:46 | トキちゃんの闘病日記 | Comments(0)

トキちゃんとランチ

今日は久しぶりにトキちゃんと会って
近くの食堂でランチを食べることに
カキフライだ

c0185356_17224721.jpg


トキちゃんは同じ地域にある団地にお引っ越しをした。
少々広い部屋で、絶景の11階で生活している

顔色もよくなって、色つやもよくて
おまけに快適なきれいな住処で、な。
完全にあのどん底生活から離脱した。
ほんと おめでとう 071.gif



ここのコンソメは美味しいねぇ
カキフライも上手にあがっているし、外食をするとタンパク質が多いので、
血液を浄化するのにはちょっと・・・
でも今日は透析の日やし

新しい臓器提供があったら、手術をすると思うのよ
透析よりも、そちらの方がリスクはすくないの


それでも元気で、前よりずっと調子がよくて
今年の夏は暑かったけど、乗り切りでね
元々夏に強いタイプかな、、、夏バテなしや

ヘンやろ、臓器移植なのに、元気って

薬も少なくてすんでるし
らっきーーだと感謝しています。


病院の先生に薬を薦められたら、患者は弱い立場だから断れないよね・・
選択肢を最近は提示はするけど、
それでも自分でわからんから、つい信じて手を出すでしょ



いきなり鬱の薬では、、、
思い込みが激しいんちゃうか、そのせんせ



でもその思い込みとか、投薬してみて(実験的に)とかの
大学病院にたよって生きてきた

演奏会の時に一緒やったお友達は、足が弱っててね、
もともとそういう体質やけど・・・014.gif
年齢がずっと上の50代やから・・・014.gif



それにしても長い避難生活やね
あのローソンの前を通る度に、なんでこんな建て方をしたかと思うわ
早く解決せんかいな



ここのお店、近場で美味しかった
またここで待ち合わせしよ



それじゃ ごちそうさまでした。
いつもありがとう
透析に行ってくるね
by yuurakuotozaemon | 2013-10-31 08:56 | トキちゃんの闘病日記 | Comments(0)

谷崎の庭とトキちゃん

c0185356_8304296.jpg
トキちゃんが阪大病院から出てきた。
腎臓と膵臓移植で、膵臓の数値が異常に高かったんだけど、なんとか数値は落ち着いて通院治療に切り替わった。

ようこそ遊楽座へ!

トキちゃんは自分が苦しいのに、同じ症状のお友達を連れてやってきた。
トキちゃんは移植をした人たちのお世話係もしている。

おなじ症状を分かり合えて、精神的に寄り添いながら、互いに支え合いながら頑張る
なかなかできることではない。

ともすれば自分の苦しみに埋没し、自分勝手になってしまうのに
ほんとに立派な生き方だよ。

若い女性が病のために色つやを失って、容色に陰りが見えて
見ている方は、心が痛むけど、
頑張ってほしい
c0185356_8334815.jpg

つき姫が小さいとき、愛おしむように抱いて、オケケをなでてやって
そんな時の気持ちになってしまうよ。

それでも演奏会が終わる頃には、二人とも明るい笑顔になって、元気になった。
音楽は人の心に直接響いて、元気を与えることができたんだ。


トキちゃんはその一瞬一瞬を逃さずに生きている。
by yuurakuotozaemon | 2012-03-24 08:35 | トキちゃんの闘病日記 | Comments(0)

病院グルメ?

c0185356_17193489.jpg


阪大病院の鰻屋のうまき弁当 1200円

最近ウナギの稚魚が年々減ってしまって、
どんどんウナギが高くなってしまってな、
好物のウナギなんだがな・・・

今日はこのう巻きを頼もう
カロリー782だって...動物性タンパクばっかりだな
大丈夫かな・・・へへへ
c0185356_17233777.jpg


ウナギの稚魚がなぜに減っているのかが、誰にもわからんように、
生老病死については人間の支配が及ぶところのものではない。
トキちゃん、頑張れよ、
今日からカテゴリを一つ増やしたんだからさ。

戦争で片方の腕をなくした人でも、その片方の腕が痛いと、脳は判断を下す。
脳ほど不思議なものはない。
まだまだわかってないんだから、
臓器移植だって脳が支配してるはずだよ。

しかしこの病院は低周波がきついなぁ
病棟でイアマフをはずしたとたん、ぐらっときた。
震動かな・・・
大病をしても、この病院には入院できそうもない。
かえって体が悪くなっちゃうよ


それにしても何でこんなに人が一杯なんだ・・・
医者も患者も学生も、ここで食事するのかな・・・
医学が発達しても、病人は増えてるってことかな
by yuurakuotozaemon | 2012-02-02 08:42 | トキちゃんの闘病日記 | Comments(0)
久しぶりの阪大病院
トキちゃんの病室だ

c0185356_147378.jpg


こちらの病棟は万博公園が見えないから、ちょっと景色が悪いのよ。
実は膵臓が拒絶反応を起こしているとわかって、それで点滴治療中、
肝臓は母親のが入っているけど、膵臓は他人さんのやから。
痛くも痒くもないので判りにくい、定期検診でわかったの

何といっても私の事例は、特殊だから、
先生達も特別扱いで、、、今度は長いって彼らはいうのだけど

アミラーゼにインシュリン、免疫抑制剤に、血糖値の検査
透析は一日おきで、薬を入れたと思ったら、透析で抜かれ、どんな血液バランスや!
2キロもやせたわよ・・・

同じ病歴の患者さんと、定期検診でであって、お互い今日はすぐに帰れるやろって話してたら、
双方共に同じような異常結果で、即刻入院を余儀なくされて、
がっかりや

その人が担当の先生に、ストレスで臓器の数値が上がったのではと質問したら、
つぎはぎした臓器には血管は繋がってるけど、神経が繋がってないから、ストレスなんかはかからないって、反論されて、、、、

そんなことはないと思うの、体なんて連関作用で成り立つからさ
あいつ、ほんとは何も判ってないに違いない。
ちょっと詰め寄ってみようかな

今度の入院は長くなるって、それは飲もう
それじゃいつ退院できる?、ねえ、せんせ
ほんとはどうしてこうなったか、判ってないんでしょ
いつから通院治療に切り替えるの!


一応、2週間って言われてんの。。。
絶対帰ってみせるわよ
by yuurakuotozaemon | 2012-02-01 08:53 | トキちゃんの闘病日記 | Comments(0)
音作衛門、このようなものをさる人から頂きました。
お嬢さんがご婚礼で、
引き出物に作ったのがこの紅白の焼酎であります。

c0185356_18434457.jpg

八鹿酒造の銀座のすずめ
ハートがしゃれてまっしゃろ
紅白の焼酎であります。

c0185356_18463468.jpg

このすっきりした、デザインがまたいい。
誰がデザインしたのでありましょうか・・・・


実は音作、避難民になる前に、一つ婚礼の仲人をいたしました。
そのお嬢は、腎臓移植でな・・・
家も貧しくて
しかし負けないで生きてきてな

その結婚の時に、祝いの酒樽をすえてお祝いをいたしました。
それがこの八鹿酒造であります。

思い出すな〜〜あのトキをなぁ

大学病院ではじめての健常者との結婚という事で、担当医の先生が結婚式にお祝いに来られました。
それほど彼女の例は、難しかったんだと思われます。
その結婚の日、晴れやかに、美しく勝った彼女の笑顔のトキを
思い出すな〜〜〜

それが結婚3年目に、機能低下で、糖尿を引き起こし、透析を週に3回もすることになって・・
ちょっとしょんぼりした顔を見てな、
人生というものは残酷やなと、思うのでありました。

しかし、どうやらこの3年の間に旦那をしっかりと尻にしいて、家事を取り仕切り、地域社会にもなくてはならない人として、、、君臨してしまったようで
それでよけいにストレスがかかってるなぁ・・・
活性酸素みちみちてな

どこの家でも嫁はんが君臨し、すべてを取り仕切らねば、家族はゴミに埋もれて命を落とすことにならんともかぎらない。
健康も維持できず、洗濯もままならない。
人生の羅針盤も嫁が握っている!
30年かかっても、できないやつはできないぞ

体がつぎはぎだけなのに、トキちゃんはすべてを短期間のうちにオールクリアしたようで、
女性の鏡になってるぞ!!
地域社会は、、、なんとでもなるから気にするな!

トキちゃん 活性酸素はマイナス要因だからな、頑張らずに、負けるなよ〜〜〜ぉ!!
夫婦共白髪のトキまで、生きるんだ!


この際、はげでもよしとしよう・・・・
by yuurakuotozaemon | 2011-12-29 07:12 | トキちゃんの闘病日記 | Comments(0)