音作衛門道楽日記 otozaemon.exblog.jp

音楽家のお遊び


by 遊楽音作衛門
プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

芙蓉の花

急に暑くなって、町中クーラーが最高に動き出したわ。
あっちでもこっちでも、室外機の音だらけで鼓膜がふわふわしてる
低周波音症候群の後遺症ってひつこいわ

この暗闇城の芙蓉が咲きました。
白い花がとっても涼しげです。
でもヨック見たら、虫だらけや
さっそく殺虫剤をまく椿

虫さん、ごめんなさ〜〜〜い
殺人兵器でわるいわぁ
でも撒くわ
c0185356_12585380.jpg


コメントをくれた、りんごさんはどうやら被害者さんのようで、椿は考え込んじゃった。
本物の被害者さんなら、低周波被害者の会に連絡をして、一緒に生き残りの方法を考えましょう。
XP以前のパソコンであれば、処理ができるんですよ

被害者の会にはいろんな相談事が集まってくるの
データーも集積しているので、ただの騒音でなければ、丁寧にいろんなことを教えてくれるわ
もちろんNA-18の集積データー処理の方法も、
自力でやろうとするのなら、なおさらです。

被害者はたった一人で症状をかかえるので、誰もわかってくれないし、孤立して一人で闘っても狂人扱いだからさ、
行政も裁判官も弁護士も、み〜〜んな初めてのことで理解も判断もできないし、大きなとこの味方なんよ

いいわ〜〜24時間操業じゃなくて
まだ寝れるからさ
私たちは24時間365日やられてるので、まさに殺人兵器

音ニイの脳は大丈夫かしら
今年は35度の夏日が既に続いてるので
サロンに入ったとたん、耳が痛いんよ
by yuurakuotozaemon | 2011-06-30 16:50 | 椿のお部屋 | Comments(2)

GOKANの焼き菓子

風の愛
c0185356_20455950.jpg


久しぶりの満腹土産
さる会社の株主総会にでかけた大坂屋そうめん
これが記念の引き出物でおます。

けっこううまい!
表題が日本の美様式になってまんな
涼しげな表題や

しかし暑いわ
クールビズとか言ってるけど、とっても無理
何回も着替えて、
汗の臭いが、、くっさ〜〜〜あ
アンモニア臭、オジンシュウで、つき姫も洗濯物には近づかない

洗剤倍入れて、ハイター倍入れて、洗ったら
今度はハイターの臭いでこれまた臭い

次はクロロフォルムで煮たろかな・・・・
あ、そうそう この引き出物は電力会社とは違いますさかい
誤解せんとって下さいな。
でも電気をた〜〜〜〜んと使わな動かんとこですわ
ははははは
by yuurakuotozaemon | 2011-06-30 08:43 | 満腹みやげ | Comments(0)
音ニイ!コメントに書き込みが、
避難生活でコメント管理ができてるの?
椿が気がつかないと、気がつかないか?


NA-18のデーター処理か・・・・
それよりクラヴィの底板を乾かすのに夢中でな
一度はアップしたんじゃが・・・・
ただの興味本位ということもあり、
うそかもしれんしな、

こちらは避難生活まっただなかで、しかも楽器を乾かすのに真剣勝負だ
忙しいんじゃ

でも本当の被害者さんだったら??

そうじゃね、
まずブログのはじっこにのせている、低周波被害者の会にコンタクトを自分でとって、被害状況をメールで送り、会の代表の判断を仰ぐ。
そこからじゃね

国籍は問わないけど、言葉が通じないこともあるんでしょ

一般で借りると計測器は高いに決まってる。しかし音作の楽器ほどではないし、買えなくもない。
しかし、データー処理は個々人の知的財産、特許に値するので
なんともいえない。

被害者ならば、まずあなたの所属する市町村に連絡して、、連絡しつつ、、
会にコンタクトを取ってみて
へへへ、、だいぶ楽器が安定してきたな・・

興味を持たれた皆様方
会の趣旨に値するかどうかで、・・・処理は・・可能ですが、
あなたの思う高額より、
この場合さらに高くつくかもしれません。

この世にも珍しいクラヴィコードで、1曲弾いて
誰も知らない音色で、命がけの研究成果での演奏をして
なんぼやねんな
はたしてその価値はいかに!?

音ニイ!目が据わってる、変な人やって思われるわ

音楽を愛する心、正義の心に値段を付けれるや否や

さらにへんやわ・・・正義なんて言いだすなんて
とにかく会に聞いて下さい。
狂気の音楽家に餌をやらんでくださいね
危険です。
by yuurakuotozaemon | 2011-06-29 07:59 | 音作衛門物語 | Comments(5)

クラヴィコード

これが鍵盤の先のピンだ。
ピタゴラスが、鍛冶屋がきんコンと、違う大きさのハンマーでたたいているのを聞いて、その出る音の違いから、パッと音の法則を悟ったっていう逸話があるんだが
その話を想像力でうけとめて、人間が考えだした楽器なんだと、さ
なるほど、斧のようでしょ
c0185356_839135.jpg

たった1ミリほどしか鍵盤は下がらない、従って音は小さい
例えて言うなら、蚊の鳴くような音量

c0185356_8401765.jpg

ピンで数カ所、鍵盤の所々を止めてるだけだから、ぶらぶらなんだ
従って鍵盤は微妙に動くので、かたかた鳴ります。
はやいパっセージが弾けない。
ハノンを弾こうとしないで下さい。

半音階は同じ弦でとっているので、弾けなくはないけど、まあ不備が一杯、だから進化したんだ。

でも声楽のようにビブラートがかけられるし、トリルもすばやくできる。
CDFの調はよくなりますが、
これではショパンもジャズもできません。
もちろん彼らが生まれる以前の時代ですがね

モーツアルト親子はこれを馬車に積んで、旅に出かけた。
幼少のモーツアルトのおててにぴったりな、小さな鍵盤だ。
例えて言うなら、おもちゃのピアノのサイズ

時代背景が違う過去の楽器です。
今のモダンのピアニストは鍵盤を叩いて弾くので、この楽器は絶対弾けません。
弾くよりさきに 壊す

これが音作のコレクション第一号、いや第一時代区分、バッハの時代の楽器です。
バロックよ、バロック!!
by yuurakuotozaemon | 2011-06-28 08:11 | 遊楽座へようこそ | Comments(0)

クラヴィコード

これがクラヴィコード
バッハの時代の鍵盤楽器の一つだ。
オルガンにチェンバロにクラヴィコード
c0185356_14281180.jpg


鍵盤も今のピアノより遥かに幅は狭く、弦も細く、木に直接ピンを打って留めるから張力が弱い。
従って音量はびっくりするほど小さく、
音色は 金の鈴を鳴らす音かな・・・・
チェンバロのような、ギターのような、リュートのような音色だ。
c0185356_14281825.jpg

鍵盤の先に金属のピンが打ってあるの
このピンで、弦をつついて音を鳴らす。
割り箸の先に、ピンがあると思って下さい。

大変小さな音だからいいようなもんだが、これを大きく拡大すると、じりじりという音がするだけなんだ。ハンマーで金属の巻き線をたたいたら、雑音しかしないでしょ
それでハンマーは皮になり、フエルトになりして、変化していきます。

ギターを指ではじくのと、爪で弾くのと、またチップではじくのとは違った音が出るから
同じだよね。
by yuurakuotozaemon | 2011-06-27 07:11 | 遊楽座へようこそ | Comments(0)
新しい楽器は、ドビュッシーのマズルカがよくあって、
なんていうか
この芳醇なひびきは、暗闇の中から闇の騎士が甲冑をつけて登場する、そんな感じに椿には思えるわ。

スタインウエイにはない響きで
すごいと思う。
こんなちっこいコンソールが、こんな響きを出すなんて

スタインウェのイのBはきらびやかでジョセフィーヌの王冠のような、ダイアモンドのような輝きで、ショパンがよくにあうの。
でも華やかすぎて、この曲にはあわないの

c0185356_1625416.jpg

ベヒを弾く椿の手


モーツアルトを弾いてみると、ベヒはちっこいモーツアルトがちょこちょこって出て来るような音で歌い出す。
クライスラーはウィーン世紀末のように響くし、
音によって想像力をかき立てる楽器なんて、なかなかないわ・・・・・

なるほど調律師さんがまよった、オクターブがあってないわ
ずれてるずれてる
でもすこし左右の手でもって、どちらかを強く弾くと、ぴたっとあうの。
全然気にならないわ

響きの高い方に、寄って来る和声感
そして和声の色がきわだって
特色をもつか・・・・・・

マスキングはこんな楽器の中でも、存在するって
音によって音を消す、あるいは音によって共鳴させて、か

音ニイはこの低周波事件で悪い事ばかりじゃないって
いつもいってるけど、
これが理解できる様になって使いこなせるってことは、大功徳よ
絶対音感から右脳支配の移動度に脳が移行してるってことね

何度も言うけど、機械は音の高さと音圧を測る事はできるけど
倍音や音色や、微妙な音のニュアンスを計測する事はできないの
響き、波動がすべてを司ってるの
神の領域よ

わかりやすく言うならば、カレーの味が変わるでしょ
あれよあれ
あきないやん、
下々の話題の方がよくわかるかも
by yuurakuotozaemon | 2011-06-26 07:49 | 遊楽座へようこそ | Comments(0)

まだまだ続く災難だった

c0185356_1911593.jpg


なんとか替えのクーラーは見つかった。
95年製の旧モデルより遥かに小さく、せっかく去年変えた壁紙が・・・張り替えなくちゃ不細工だ。
今日いって明日に納入できて、まあラッキーではあるけれど
お抱えの電気屋だけの値打ちはある。
安堵の胸をなでる音作

は^^ああ やれやれ
すずし^^い
久しぶりにスタインウェイの中をあけて、無事を確かめてな
安心立命の胸中で、今日は安らかに寝れるかも・・・・
酒飲んでぐっすりとな

久しぶりに惰眠を貪り、翌日はめっちゃ暑い夏日和
あの豊岡で35度かぁ
よかった、よかった、不幸中の幸いと喜んだのもつかの間だった

サロンに帰ってみると、水が絨毯を濡らし、^^^^^
なんで!、漏れてるよ
未だかつてお抱えの電気屋がミス工事をおこしたためしがなく、

床においたクラビコードが湿気てる
絨毯をあげると床はびしょびしょだ。

クラヴィだけが床下浸水
た、た、たいへんだ^^^^
はやく避難をさせなくちゃ

一難さって又一難の音作衛門
どうなんの、オレの音楽人生は
by yuurakuotozaemon | 2011-06-25 08:52 | 音作衛門物語 | Comments(0)

黒猫キーホルダー

c0185356_13123156.jpg


黒猫キーホルダーを買いました。
なかなか厳しい表情でしょ
かわい子系のお猫じゃないやん
アップリケですよ

暗闇城の扉はアルミ扉なんだけど、開けるたびに鳴るの
ご〜〜んっ
建築当時は画期的な新しいスタイルだったんだって
でも今は、潰れてるんや

メインの鍵が潰れていて、補助鍵しかかからない、鍵屋さんを呼んで付け替えがまだ
皆東日本に物資を送ってって
在庫がないっていうんだけど・・・・

家が無くなって、鍵っていうのは????
ちょっと違うと思うんよ

新しい鍵がつく前に、新しいキーホルダー
さすがオシャレな椿ちゃんよね

あ、あ、あれ?
出かけている間にメインの鍵がかかってる
確か潰れてたはずなのに・・・鍵穴にすっと入るわ
き、き、気持ち悪いぃ〜〜〜
だ、誰よ! 鍵屋さん??
連絡無かったわよ
やっぱ、番犬の表札外さずにおいとかなきゃ!
猫では役に立たないわ・・・・
by yuurakuotozaemon | 2011-06-24 10:22 | 椿のお部屋 | Comments(0)
c0185356_169176.jpg



梅雨が始まって、むしむしするその時にサロンのクーラーの調子がおかしくなった。
なんでこんなに暑いのに、誰も気がつかなかったのか・・・
除湿器がフル回転して
その廃棄熱で部屋の温度がじりじりと上がる。
しかし、クーラーはきかない。

扇風機とうちわでいくらあおいでも、こうなったら太刀打ちができない。
節電なんて、くそくらえ!!
音作ここまで追いつめられるとは、
楽器は湿度55%、室温28度で管理するもんじゃ

原子炉の温度がじりじりあがって、恐怖の時と同じく、生きた心地もしない。
いったいいつからこの状態なんや??
前のクーラー入れ替えの時もこの時期だった。
関西中を探して、在庫を取り寄せて、
95年製だから自然消却とはいうものの
今回は在庫があるかどうか・・・

もうこの名器もいつまでもつかわからないなぁ
かっくし肩を落とす音作
低周波だけでもパワーが強くて、大変なのに
うそつき政府のエコポイントも終わってしまったし

ええい!なるようになれ!
それより、今夜寝れるかどうかだ
電磁波の音で夜中うるさくてな!
自分も楽器も危機管理が必要だ!
by yuurakuotozaemon | 2011-06-23 08:05 | 音作衛門物語 | Comments(1)

割烹蕎麦 神田

梅田北 茶屋町を出た所に、新しいビル NU茶屋町プラスができました。
またまたファッションビルですが、この3Fに神田が移転しています。

きょうはここで十割蕎麦を食ってな

c0185356_937417.jpg


あ^^^あ 胆嚢ポリープができてるから、体の調子は悪いしな
ストレスはたまりっぱなし
暗闇城の生活も、音が一杯でな
電磁波の音よ
電車が通るからよけいかね

建物の個体振動数に呼応しているんかもね
どこにいっても音地獄さね
まあ健康被害は大丈夫なはずなんじゃがね

聞こえる音では被害は出ないと、お猫先生は言っているから
夜も今のところは寝れる
でもだんだん音が大きくなってきているようにも感じるし
低周波音症候群はまだまだわかってないことが多いから。
音作の我が身を持っての体験で、パット会得するしかないんだよ

静かな環境なんだけど、うるさいんだ
ほんと一度過敏症になったら、生きて行く場に困るんだよな

ここのビルも低周波がきついなあ
だんだん頭痛がしてきた・・・・
十割をざる一枚だけにして、はよ食って買い物に行こう・・・・やれやれ

けっこううまいぜ、限定20食だって
by yuurakuotozaemon | 2011-06-22 08:09 | 蕎麦好き音作 | Comments(0)