音作衛門道楽日記 otozaemon.exblog.jp

音楽家のお遊び


by 遊楽音作衛門
プロフィールを見る
画像一覧

<   2014年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

今年も尼崎アートフェスティバルの
その時がやってきました。


c0185356_9262854.jpg



いつも友人の浜本隆司がくれる、この招待状
今年は誰といこうかな・・・

大きな絵が一同に登場して
気に入るものが今年はあるかな
お気に入りの作家さんを見つけれるかな・・・016.gif


皆さん 夏休みです。 
ご家族でお出かけ下さいね
8月24日までです。



今日は宣伝だけ


by yuurakuotozaemon | 2014-07-31 09:04 | 遊楽画廊 | Comments(1)
これがSU29

NA18よりも計測データーが広範囲で採取できる
c0185356_752276.jpg

サンプル測定の日にやってきた、機器達に囲まれると
まさしく壮観というしかないが
今日は このこだけ を撮影してっと・・・


音作衛門興味津々 胸わくわく 016.gif056.gif053.gif


そもそも音楽家が
こんな計測に自分の想像力を掻き立てられて
集中することが自体がおかしい。

これは音響工学の部類なんだから・・・

だがそう思うのは、21世紀タイプの音楽家ではなく
前時代の音楽家でしかない
高周波音 ハイパーソニックしかり



音というのは空気振動であるので、
今現在 学術的に、客観的に、追求しようとすると、こうなってしまう


空気が少し動くだけでも
dBはどのくらい変るかな・・・
それを覗き込む


風車のようにビューッと風が吹き抜けて行くところで
屋外計測するとどうなるか
風にのって、マスク効果はあるかないか
これは実体験で知っているが

それでどうして、
屋内で低周波音症候群は起こるのか

外部の空気伝搬は風によってかき回される

冥伏する卓越周波数なんだが、、、、


NA18や全部の計器が集結すると、新しい楽器を買った時のように
うきうきする自分が怖い


うちのブログが難しくてわからない?
そりゃ仕方ないよ
自分の思いを書くのが日記だ


家計簿は自分の家の家計
血圧だったら自分の血圧の計測
ごめんね わかるように書くなんてことは考えてないんだ



誰よ、いつも覗いていて
ケチつけてる奴は

被害者なんだけど、わくわくして すまんね
音作衛門、この音の世界の人なのさ
060.gif060.gif060.gif
060.gif072.gif066.gif041.gif041.gif016.gif016.gif085.gif










by yuurakuotozaemon | 2014-07-30 08:14 | 音作衛門物語 | Comments(0)

三浦半島のすいか

c0185356_1534655.jpg


三浦半島のスイカが今年もとどきました。
そうですね・・・バスケットボールくらいかな

意をけっして 冷蔵庫を整理しても、
これ一個は入らないので
椿はジュースにしたり、凍らせたりして
なんとか食い尽くそうと
躍起になっています。


いつもはお友達にわけてあげたり
孔雀丸や天四郎と一緒に食べてきたんだけど

今年は必死の覚悟で
一人で食い尽くそうと



今 遊びにきたら
スイカが振る舞われるのは
皆さんお分かりでしょう・・・が



今年は意地でも
食い尽くします!




子供のとき、バースデーケーキを自分だけで食べれたらと
思った人が必ずいるはずです。
一生に一度くらいは
そんな体験も必要ではなかろうか



低周波音症候群にはなかなか望んでもなれません。
体験のない人で一杯なので、
そんなことを考えついてしまう
椿なんでしょうか・・・??041.gif032.gif064.gif





by yuurakuotozaemon | 2014-07-29 07:27 | 満腹みやげ | Comments(0)

窯焼きポテト 抹茶小豆

お友達が
そのまたお友達からもらったのを


椿にくれた
スイートポテト


c0185356_15344195.jpg

これは札幌のお土産で、
窯焼きポテト 抹茶小豆といいます。

お友達が集まった時に、皆で食べるはずが、すっかり忘れてしまい、
そのまま冷蔵庫でスヤスヤと眠ってしまって


いよいよ冷蔵庫が満杯になってしまって
どうしても、食べねばという
必要にかられ


椿は意を決して
このポテトを食べることにしました。
包み紙には窯の字がかかれ
椿はこの字が、壷なん、、それとも???

とっさに思い浮かばず
辞書を引き確認をしました。
もちろん、、iPhoneアプリの大辞林

つぼ、に かまかぁ・・・


そんなアホなことをしながら
このポテトを食べているうちに
お腹いっぱいになってしまいました。

抹茶のわりには、抹茶の味は確認できず、イマイチです。


でもくれた人、ありがとうございました。

一体何人に、ありがとうを言えばいいのかな・・・
陰に隠れていて、見えない友達の友達の数は何人か
そして作ってる人達の数も考えると
途方もない人数にありがとうを 言わなくちゃならなくなります

人間は一人の力で、生きているわけでないって
実感できるスイートポテトでした

ごちそうさま


今日は耳は、なんともなくて、健全でした
暑くとも 平穏無事な日が、しばらく続くとおもいます。






by yuurakuotozaemon | 2014-07-28 07:19 | 満腹みやげ | Comments(0)
グーグルで住所を入れると
そこの様子がくっきりと見える・・・か

ためしに隣りのローソンの住所を入れると、くっきりはっきり敵陣が見える

自分でネットにアップせずとも
商売だから、やってくれるしな
みえみえよ・・・・ふふふ

この音作衛門道楽日記を覗きにくる連中は
いろいろですがね
非難中傷、あざ笑いに、
心の貧しい連中で一杯よ


もちろん純然たる被害者さんも、応援者もいる

いじめにかかれるか...
村八分でいじめにかかれるほど
この問題は小さくもない





c0185356_19332292.jpg
世界中から検索エンジンはかかり


これをみんしゃい、この卸蕎麦!
日本人のまずし〜〜〜い土地でとれる蕎麦は
いまや、日本文化の極致なんだ
うまいぞ〜〜〜


いや、禅の美意識にこの味覚は、
外国人に理解されるんだろうか・・・
そばめしなんぞ、
どうだろかな


c0185356_19423295.jpg

道楽日記を覗きにきて、非難中傷している連中な・・・
音作の音の感覚にはついてこれんよ
ましてや聴覚芸術にはね


恩師の書は、古い時代の価値観では
評価できないもので
モダンアートの分野になると思う
田舎の寺の感覚では
とっても無理だ



外国ではアートのくくりしかない
書も、日本画も、造形もイッショクタ


ああ、同期がしょうけん先生の作品をアップし出した。
世界中に見てもらいたいとの
教え子の思いだよ


音作だってそういう思いで、
毎日更新している


ところがだ
その作品をちょっとみて、どうこうとか評価する
ちょいかじりが出てくるんだ
それがたちが悪い



一度やってみればいい
たとえば海外の留学生を自分の農地に案内するとか
漁に一緒にでるとか
そば打ちとか


集める時はネットを利用することになる


それでも現地体験でないと
わからんのだよ・・・
人肌でわかること
それにもまして、心が柔軟でなかったら、
何を提示されても、理解できない

















by yuurakuotozaemon | 2014-07-27 08:59 | 音作衛門物語 | Comments(0)
エコ給湯が低周波音をまき散らすのは
読者の皆さんご存知のことと思います。

積んでいるコンプレッサーが、悪さをするんだが
違う理由でリコールされました。


消費者センターにはいろんなタイプの 様々な苦情が寄せられていて
その結果と思います





さて今進んでいる、エコ給湯の低周波音裁判はどうなるんでしょうか・・?


そもそもコンプレッサーを町中の住宅地に、
距離もとらずに設置する方が悪いんだ

今までに家を追われて住めなくなった、被害者はどうなるんだろう
2003年出始めの 鎌倉エコ給湯事件の被害者さんの無念を考えると、
よくもこんなものを
政府の補助金でもってばらまいたなと
思うのであります。

エコ給湯にエネファーム エコウィルと
いいかげんにせいよ!





エキサイトブログのトラックバックがうまくいかないのは、また不備が出ているからでしょうか
やれやれです




by yuurakuotozaemon | 2014-07-26 14:05 | 音作衛門物語 | Comments(1)
当時の主人の思いは
留年させず、
卒業をなんとかさせるということに
一生懸命でした。
それだけを考えていました・・・・



私が教え子であるとご存知でしたか?
えっ  知らないの
恋愛結婚で両親は反対し
鍋島藩の姑は


お行儀の悪い子は困りますと 008.gif


c0185356_1914770.jpg

ぐるぐる巻きの梱包だ
むちゃくちゃだが
一応 枠からははみ出していない



当時のクラスはハチャメチャなクラスで、オバカの学校ではけっしてないんだけれども
ごんたばかりで、
勉強をせん


師範学校を出て専任、担任をもたず
しかも女子校出身の恩師は
この男女共学に進化した けったいな文部省の制度の中で
さぞ大変だったと思う。057.gif


なんとかこのカテゴリーからはみ出ないように 日夜悩んだと思う
女子はともかく男子は社会で活躍し
妻子を養い??054.gif
芸術で糊口を凌げるわけもないのは・・・065.gif
ご存知のとおりだ



俺が1番で、おまえが2番と
未だに競う
なんのことはない、学年のビリからの話しである
お行儀の悪い子ばかり だったんだよ
とんでもないゴロツキよ


ところがその連中が今現在
先生と呼ばれるようになってるんだよな・・・
人の子の親になって
社会で 頭を抱えている



皆なにがしかの悩みはある
この音作衛門のお困り事は
低周波音被害



因果はめぐる糸車
因果応報、罰が当たったか
それとも順送りかな・・・057.gif
 
いやいや


教育者の仕事は何十年たって初めて
その成果を見ることができるんだ
心を砕いただけ
生徒は育ってる
 

たしかに
社会の大人材として
先生の教え子は育った


LINEでいじめに遭ってる連中を
見張る立場になってんの
がんばってるよ















by yuurakuotozaemon | 2014-07-26 08:43 | ひとりごと | Comments(0)

大阪で一番暑い日 

大阪には天神祭というのがあって
その日が一番
暑いことになっているんだ・・・

パソコンをもって
大阪入りのお猫先生と
さるところで落ち合うことにして


暑い、、、暑いな、、、一対何度あるんだろう
弱冷車に乗って、
クーラーの室外機を避けて
地下街も避けて

低周波音症候群は夏場は地獄


ずっしり重いパソコンが
よけいに重く感じられる


c0185356_17142813.jpg

こんな暑い日にサンプル計測??

トラックがアイドリンクをして
それにクーラーが回ってない家なんか、ない・・・
室外機はどうするんだ ??



あちゃ、、つき姫に水を用意してくるのを忘れた
猫も熱中症になるって


ちょっとここらで水分補給しようか


よけいに汗がドバーーって
出てきたよ




も〜〜早く帰りた〜〜いが
そうはいかない
誰か何とかしてほしいとおもう

しかし、孤立した一人という
宿命があるかぎり
じたばたしても、変化なしだ


ねえ、先生方、このままでは見殺し、見殺しだ!


夏になる度に、こう叫びつつ
元気そうに見えるので、無視される

耳が痛〜〜い
それって音作だけか  ???
そんなわけないじゃないか・・・033.gif


とにかく、頭の中沸騰しそうな日
目の前がチカチカしてきて
さっき水飲んだのに・・
OS-1を飲んだほうがいいのかな
今日は特別ハードな日だ


これって熱中症???


それとも低周波音症候群??


ひえ〜〜天神祭 37度 042.gif064.gif








by yuurakuotozaemon | 2014-07-25 07:20 | 遊楽画廊 | Comments(2)

恩師の生涯の作品集


c0185356_10265782.jpg

先生が好きだった色だ・・・
贅沢な作りになってる
こりに凝った装丁だ

そして型にはまらない
サイズというところも



c0185356_10265827.jpg

我々芸術家集団は
書道のことはわからずとも、
目を通したその時には、いろいろな思いが自己の内面に浮かび上がってくる

たとえ言葉にできなくとも
想念が・・・動く

瞬間的に作品の価値を、判断するよ


世間の人はこのオリジナルが何百万するんだろうかとの
貨幣価値や
有名や無名や
社会的な立場や、評判で
自分の評価を決めるんだが・・・・ね



音作は作品そのものの価値を
自分の中に即座に決定づける



恩師の美意識と、禅の思想を元としての想像力は
並外れている


彼の中には誰も入れない
誰も彼の美意識には近づけない
そして彼の作品をあんちょこに 評価する連中は
許されないことを
この美術書から、感じることができる



それはあんたの思いでしょ・・・
他の人はそんな風には思いませんよ
どこからか声が聞こえる



この一字から
何を思うか
いかに深く自己の内面を探求するか
浅ければ浅く、深ければ深い思い


自分の中にないものは
表出することはない

 
仏教哲学を学んでおいてよかったよ
これからも、ちゃんとやるから


自己成長なくして、芸術はない。






by yuurakuotozaemon | 2014-07-24 08:44 | 遊楽画廊 | Comments(2)
手本は習う側にとっては絶対的存在であり、手本に限りなく近づけることを旨とする
その結果全く同一のものが書けたとしても それ以上のものは生まれるべくもない。
ということは たとえ習う側の資質が師のそれよりも上であろうと、
師を越えることは不可能という宿命をもつ。
師と弟子との間に手本がある限りは、弟子に対し絶対的優位を誇示しうるのである。


c0185356_19141819.jpg

昭和37年のある日、今でも忘れない。「先生はあの子にいつもいい手本をわたしているから、展覧会に出品してもいつもいい賞をとっている」との生徒の声を耳にして愕然とした。そんなことはしていないと怒るより、手本によってそんな結果が出ることを思い知らされたことで何か胸の内がすーーっとした。
先生だって40枚も50枚も手本を書けばいいのも悪いのもできよう。


c0185356_08480871.jpg


先生の思いを、この年になると、よくわかる
音楽ならば、CDコピーだ、
ようは耳コピ
JポップにYouTube


バッハの時代ならば音源はないので、
楽譜と生演奏しかなかったし
楽譜をなめるように書き写し、同じ筆跡になるまで、修行したが、
まあ、、それは古すぎ



まねができる技術がなかなかない
そこまでもいかない生徒ばっかで、とほほと思う先生ばかりだ


それでも本物の芸術家を育てるには
ここは押さえておかんといかんね


空気振動の芸術
聴覚芸術
時間芸術の音楽で、
書ではないといえど同じことだ



ちゃんとやりますよ、先生!
昨今の生徒は まねっこもできないが


ちゃんと、指導するよ
内面の成長を獲得せんがため
やりますよ
できるだけ・・・

時代も悪いといっても

とほほ


できるかな・・・








by yuurakuotozaemon | 2014-07-23 09:08 | ミニ学問 | Comments(0)