音作衛門道楽日記 otozaemon.exblog.jp

音楽家のお遊び


by 遊楽音作衛門
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

タグ:バッハ ( 8 ) タグの人気記事

夏休みなんだけれど、
暑いわあ・・・
公開レッスンでも見よう


魔女アルゲリッチに対して
シフはどうかというと
これもすごいねえ・・・
両性具有の典型ですよ

いつもいい録音で、いい楽器で、こだわりの美意識と
耽美主義ってのか
そこが男性特有のこだわりかな・・・

見た感じは
女性っぽいんだよね・・・


この公開レッスンでは
彼は左手のアーテュキュレーションを
学生に提示している


でも、、音楽ってのは
客観は全然なくてな・・・
聴覚の  感じだけで教えるので
時間芸術と聴覚芸術だから
難しいね





昔この聴覚芸術ってことを話したら
アマチュアのバイオリンに
バカにされて


こちらは 君は芸術論を読まないかって
本ぐらい読めよってな、
そう思ったものよ


この学生の手は
なんかまだまだ 未成熟な発達していない手に
俺っちには 見えてんだよね・・・


ほら、なんとなく女性っぽいでしょ・・・・
両性具有は魅力的なんだ
そうでなくちゃ、芸術はできないよ


現実社会で組織的な考えで動くなど
このデリケートさでは
できないっしょ

全体主義に
現時点の社会的価値観とか
商業主義の芸術
とっても無理と思うのだよ








by yuurakuotozaemon | 2017-08-04 19:48 | 遊楽座へようこそ | Comments(0)
あまりの暑さに、午後は出かけられない
ちょっと健康には悪い運動量しか、確保できていないけれど
そもそも閉じこもりの傾向性がある音楽家だからして
不自由はない。


今日はパルティータの2番をチクチク音をひらって
勉強をしようとな・・・

人生というのは常に挑戦、常に戦いの連続だ
ゲーテもいってる

私は人間だったのだ
それは戦う人だということを意味している





どうだ このミックスリスト
アルゲリッチも随分と歳がいって
すごい迫力の魔女になってる
突き放すような出だしの雰囲気
そしてさらに続く
こんなスタッカートのテクニックは
なかなか できないよぉ


チェンバロの雰囲気をとって
スタッカート???


考えている曲の構想は
一致しているけれど
音の処理を、どうするか・・・


バッハはエネルギッシュな男性的な表現だし、


この突き放すような厳しき表現が
なんとも言えんねぇ・・・
今の時代のやさしき男性たちでは
これは理想の目指すべき男性像と
言い難いかも



それを女性のアルゲリッチが弾く
要は両性具有でないと表現できないのが
芸術なんだと思うね


ちょっと待てよぉ
低音 すなはち左手が聞こえないのは・・・・???
ああ、そうか
ピアノの尻尾が短いからか
弦が短いと、無理だよね









by yuurakuotozaemon | 2017-07-31 20:11 | 遊楽座へようこそ | Comments(0)
バッハのパルティータについて
音楽学者たちの意見を読んで、参考にして、それでもって作品を作っていくわけだが


この優れた学者たちの嘆きは
こうやって研究して本を出しても
バッハをちゃんと弾いている音楽家が育たない
有名な あの音楽家も、この人も、全然わかっていない
苦労して講座を開いても、けったいな奴ばかり世界中からやってきて

とんでもない音楽ばかりが流布していく


わかってますよ、先生


いや君もわかってない


わかってますって
人間はそれぞれの境涯で音楽を作っていくので、100人いれば100とうりの表現になり
無量の変化層ができる
唯一無二のあなたの音楽は、あなたが弾くしかありませんってね


それでもきっと下手くそで満足できない代物なはず
技術がどれだけあっても、です。


バロックの迷宮階段を、登る表現は
人生の苦難を思わすもので、重い荷物を背負ってね
いつ終わるとも知れない、
決着がつかない終焉に向かって
ヒコヒコいいながら、歩み続けるんだ。


したいことが自由にできるなんて、幻想よ
やりたくないことだらけが現実の世界だ

目の前の課題に挑戦し続ける
それしか道は開けない



自分に都合のいい人間だけのこして、
あとは処分するって、その方法は
結局一人の孤独しか招かない
一番幼稚な人間のすることですよ

誰かのせいにして、悪口サンタン言ったとしても
ヤキモチからきている場合があるでしょ
自分の心を覗いて見たら、わかるよ



今までいったい何人の人間に
音作衛門は この話をしたか
それでも状況は変わらない

それが人間の心の暗闇さ






by yuurakuotozaemon | 2015-10-20 09:31 | ひとりごと | Comments(0)

バッハ パルティータ

何日かブログが止まってるが
その間に何をしてたかというと

バッハのパルティータを
読み出したんだ・・・

音楽家の最高峰の山と言われる
パルティータ


c0185356_21471782.jpg


学生の時は、これをどう演奏するか
表現するか
文献を調べて
記述を整理し
歴史的な演奏を参考にしながら、
自己の表現を考えるなど

とてもできなかったんだ・・・・




社会での評価や、評論家の意見や
様々な演奏家ばかり、
見ていた頃の話だよ



その山にようやく登る覚悟が決まり
登り出したんだよ
ヒマラヤ登山にはいろんな準備が必要で
それが揃ってということかな・・・



音は聞こえようが聞こえまいが、空気振動だ
その空気振動の中で、楽音という
いわゆる美しい音を
組み合わせて
音楽はできている

心地よい音楽の元は
整った波長の組み合わせで、な・・・



これを、一般の人たちに伝授するのは
ちょっと厳しいな


何を話しているかも
わからないだろうな



生きててよかった!
今 最高峰の バッハのパルテータを読み出して
作ろうとしています
芸術家の懊悩がまた始まりますが


ここまでこれたことが
功徳です
そこまで行けずに、下手すりゃ
自殺ですからね


そうすると、周囲が一斉に
芸術家の懊悩??
バッハのパルティータ??
それ自体が分からないどころか 聞いたこともないと
いうでしょ・・・・




低周波音被害の実態や、症候群などは
この段階の話だから余計にわからないだろう・・・・
ちょっと苦しいよ
説明もできないと思うんだが、



なんとか生きていることが
感謝だな・・・・


by yuurakuotozaemon | 2015-09-29 07:47 | 遊楽座へようこそ | Comments(0)

バッハ 演奏法と解釈


久しぶりに音楽論文を買い込んだ

論文しか買うことがない
音作衛門の頭脳は
変人でしょうか??




c0185356_1931424.jpg

さてこれをどこで読んで
どこでまとめて
どこで楽譜をひきながら、演奏をしてみるか


場所がない・・・避難生活




お猫先生は汐見先生の書籍を、みんなは一度読んだらそれっきりでといってたが


そんなこと、、、音作には
昔からないよ

そこにある記述を辞書のようにひきながら、
やってみて
音楽に作り上げるのが、音楽学のやり方だ


そうそ できるだけその時代に近い楽器でな
つまりクラヴィコードで
やってみて考察するんだがね・・・




音楽をさせろ!
居場所をよこせ!
隣人は出て行くんだ!
そんな怒りが湧いてきて、今朝も気分がよろしくない!!


エキサイトブログはまた不具合があって
更新ができないので
ちょっと休みますね




by yuurakuotozaemon | 2015-02-03 07:51 | 遊楽座へようこそ | Comments(0)

共鳴する内耳

音作衛門先生 共鳴頻度の高いホールで
バッハを弾くと
曲の途中で
舞台が揺れて
空間が歪んで
失敗してしまいました。


怖くて次のチャレンジができません、、、どうしたらいいでしょうか?

c0185356_19452748.jpg

バッハの時代はまだまだ
楽器そのものが発達していない。
クラヴィコードを見たらわかるが、木に細いブラスを張ってあるだけだ
音は小さく、いかに其れを増幅させるか
それに重点が置かれているから


今の大きなフルコンで、共鳴頻度の高いホールで、反響板に反射板が設置してあれば
音は舞台の演奏者に、
降りかかってくる
増強に次ぐ増強だ

音波は光よりも遅いから、よけいにややこしい



外因的疾患の低周波音症候群でなくとも・・・

内耳はかき乱されて、眼振が起こり
ぐしゃっと潰れるピアニストだ。



観客からは何が起っているかわからないが・・・
ピアニストは交感神経の張っている最中だから、よけいに怖い
トラウマがつきまとって、立ち上がれないな



チャレンジ人数100として 成功率50%
後はへたくそが30%

耳の悪い奴が勝つと思う















by yuurakuotozaemon | 2014-04-26 09:59 | 遊楽座へようこそ | Comments(0)

迷宮の扉は・・・

音作衛門の夢。。。。
不協和音鳴り響く。。バッハ先生!!!



音作衛門、この迷宮に迷い込んでまだ出れぬのか
反響が  反射が、、それから??
残響1,5  なんじゃそれ??
科学なんぞというものは、いいかげんなものよ、
自分の耳を信じるべし



c0185356_20333815.jpg

舞台が演奏するとぐらぐら揺れるのが、眼振とわかったって
なんじゃそれ...?
医学か
わしの時代では理解できない

自由7科での考察をかけて、数学で計算して、医学で叩き、それでぇ〜〜?

この迷宮から出れなければ、
なんのこっちゃないな



おまえ 音楽家だろ
それならば耳で勝負するんじゃな
えっつ、狂人に変人に、うそつきに..社会的に葬り去られるってか
客観が必要と言われ続ける被害生活って

バッハ一族は、皆に尊敬されてきた
それはない!


なんじゃ??その低周波音って
風の音に川の音 ???
それは癒しの音で、機械音が危ないってか・・・?

オルガンは最大の音量で神に奉仕する



天動説の時代 時計軸のない時代の我々にはわからないがな・・・・・
BACHの4字の音声には
何ものもかなわないのだ
TPPにNPO なんじゃそれ?

科学などというものは、いいかげんなものよ




おまえ、音楽家だろ


自分の耳を信じるのだ
活路は開かれ

闇の扉は開かれる








by yuurakuotozaemon | 2014-04-18 08:35 | 遊楽座へようこそ | Comments(0)

クラヴィコード

これがクラヴィコード
バッハの時代の鍵盤楽器の一つだ。
オルガンにチェンバロにクラヴィコード
c0185356_14281180.jpg


鍵盤も今のピアノより遥かに幅は狭く、弦も細く、木に直接ピンを打って留めるから張力が弱い。
従って音量はびっくりするほど小さく、
音色は 金の鈴を鳴らす音かな・・・・
チェンバロのような、ギターのような、リュートのような音色だ。
c0185356_14281825.jpg

鍵盤の先に金属のピンが打ってあるの
このピンで、弦をつついて音を鳴らす。
割り箸の先に、ピンがあると思って下さい。

大変小さな音だからいいようなもんだが、これを大きく拡大すると、じりじりという音がするだけなんだ。ハンマーで金属の巻き線をたたいたら、雑音しかしないでしょ
それでハンマーは皮になり、フエルトになりして、変化していきます。

ギターを指ではじくのと、爪で弾くのと、またチップではじくのとは違った音が出るから
同じだよね。
by yuurakuotozaemon | 2011-06-27 07:11 | 遊楽座へようこそ | Comments(0)