音作衛門道楽日記 otozaemon.exblog.jp

音楽家のお遊び


by 遊楽音作衛門
プロフィールを見る
画像一覧

金魚は 自然と共にある

夜店でゲットしたこの金魚
ちょっと目を離した隙に
金魚鉢から飛び出して
二匹が危篤状態に陥った

慌てて鉢に戻したんだけれど
一匹は丸一日で、成仏してしまった


やっぱり盆で、つき姫がかき回したかなぁ・・・
きっとそうだ
そうに違いないだべさ


慌てて100円ショップに出かけて
竹の寿司巻きを買って
金魚鉢に蓋をして

プクプクは 600円ほど
餌は 300円ほど
初期投資はそんなもんなんだがね


生活環境を整えるには
水温計が350円
そして 足りないものは。。。。水草
この町の店に買いに行く



ところがこの町の店主は 
噂に聞く へんこなオヤジで
プロだから仕方はないといえ


ネットで検索した情報を説明すると
ただの商売だと一刀両断に切り捨てた




プクプクは3リットルの花器
夜店金魚三匹では必要ない!



バクテリアっていう
ネット検索錠剤など
そんなもんいらん
そんなものを使えば、ずっと使わんといかんくなる

金魚石もいらないよ
見た目だけさ


あんた、俺の話を聞かんね
先さき話をして!


俺のいうことを
聞けってってタイプとは聞いていたんだが
職人気質なんでしょうかね


必要なものは、塩ひとつまみ 水に投入して
そして金魚草だ
はい 100円です


商売っ気がない おっさんだったが、
絶対信用できそうな
強い見方かも

次からこの店で買うことにしよう
初期投資は1500円くらいかな・・・


自然は、こんなところにも
まだまだある
山に行けば、水草も砂利も、いろいろあって
原材料はゼロ価格であるから
このおっさんは、
自然と共にある平和的人類像を、保っているんだな





c0185356_17440607.jpg

この悠々と泳ぐ錦鯉は、一体いくらなんだろう
鯉こくにして食ったらうまいかな

猫でなくとも
そう考えてしまうのだ





by yuurakuotozaemon | 2017-08-19 17:50 | お猫友達 | Comments(0)

センター試験の時は
何十年も前から雪と決まっていて
今年も雪だ・・・・

朝から随分降って
今も凍りついている


c0185356_18214927.jpg
ドクダミ屋敷の庭はし〜〜〜んと静まり返って
こんな静かな街は
当節 珍しいと思う
c0185356_18214904.jpg
今年もまた、この町で生きるのかなぁ・・
出家僧のような生活はそろそろ終わりにしたいものだが


駅前工事もドカンを設置している最中で
重機は停止し、
命拾いだ


さてと、ノラ子がやってくる時間だ
寒風を突っ切って、この庭を超えて、うらめしや食堂に
雪だらけになって
来るんだよ
毎日楽しそうで、憂いなしって感じだが、
やっぱこの寒波は辛いだろうな・・・





by yuurakuotozaemon | 2017-01-16 18:35 | ひとりごと | Comments(0)

ワカガエルにヨミガエル

つき姫が逝って100カ日がたったけれど
未だにどこかしらに気配は残り
時々 鳴き声が聞こえる
まだ、そばにいて蘇ってないな


今日も雨だ・・・・
異常気象だなぁ


めまいは治まったが、まだ耳は詰まったままだ
実に不調続き
お猫先生は元気かな
便りがないのが 元気なしるし


c0185356_09291111.jpg

豊洲の問題はまだまだもめているが
基準値以下であれば、問題なしと切ってくるのは
行政の常套手段だ
しかしヒ素が基準値以上とは・・・


低周波音問題は参照値を基準値扱いして
行政も企業も切ってくる
公調委の裁判に今、2件 エコ給湯か・・?
上がっている
総務省ねえ・・・・信用できません。



あまりにいろんな国賠が多くて
呆れるわ この日本
一般に知らされていない 変なアセス
アセスに入れたら、守ってもらえるって思っている風車の反対運動は
気の毒よ


結論、この国は闇の世界に向かって走っている
それをどうひっくり返して
希望をもたらす未来にしていくか


個人の力は微々たるものだけれど
諦めちゃいけない
この闇を切り開く、力をいただきたいと
祈るのだ




by yuurakuotozaemon | 2016-09-30 08:55 | 音作衛門物語 | Comments(0)

実はなあ・・・


実はさる新聞社に
広報活動をしに行ってきたんだよ

いつもの地下街を歩いて
しかしえらく暑いんだ・・・
去年はこうだったかな・・・
もちろん温度が1度でも上がれば



消費エネルギーは
めっちゃ落ちるので
低周波音被害症状も落ちる


しかし暑い
汗だくになっていった先が
この新聞社





c0185356_19223662.jpg


ビルの中央に庭がある・・・どうやって水やりを・・・?
日が照りつけて枯れてんじゃないか?


街中にいろんな被害が起こり
低周波音被害者は困っているので
そこに注目していただいて
記事を書いてくれたらいいなあって
思うのだけれど、



7年も家に帰れないことを聞くと
びっくりしてたなあ・・・
いろんな情報を引き出して
エネファーム事件のことも知ってたよ
やっぱHP威力


こんな家庭内ドタバタでは困りますやんって
言ってくれた


後々の症状がいかに厳しくとも
それを断定できる医者もいなくて
環境省は参照値を決めたので
その痛い腹を触られたくないから
頑ななんですと言っておいたけれど




また情報を集めるだろうな・・・
マスコミって

こちらの思うような記事は
なかなか難しいとは思うけれど
広報活動だから
出かけなくては、何も始まらないからね





by yuurakuotozaemon | 2016-08-02 07:46 | 音作衛門物語 | Comments(0)

ビッグファーマー登場

今日はさる大学の研究室に
音響工学の教授をたづねてやってきた。
道連れは
ビッグファーマー

人間は人それぞれ見ているものや感じるものが違うので
感心するところが違うのだ


まずこの校舎は
タイル張り??
これ建設費高いんだ・・・・

構内はおしゃれにまとめられていて、
中庭があり
また次の学舎を立てるために
大型クレーンが待機して
もちろん重機も
動いていた。


c0185356_07155374.jpg
近代ルネッサンス様式とでも言うのだろうか・・・


校舎はあたかも 修道院の様相であるが
ファーマにはこちらの方が目にとまるようだった

観賞用のふき
これは野生のふきとちがって値段が高いのだ
それが美しく中央の中庭に
養われている




c0185356_07155364.jpg
ほら、あちらの木が金木犀
こっちのが椎ノ木か・・・



音作衛門には5月の美しいグリーンにしか見えていない
c0185356_07155357.jpg

ほら、デザイン的に実に美しい様式で

昼休みになると学生たちはこの中庭に集まって、
一斉にお弁当を広げ
食べたりするのだよ

音作キョロキョロして、その弁当の中身をチェックして
なんと皆 同じような弁当箱を持っていることか
画一化された、文化であるにしても・・・


弁当屋は店を広げて、300円弁当を売っているし、
コンビニ弁当よりも安い値段で、商売繁盛ですね


それにしても食が細い
男子か女子かわからないほど
ひょろひょろしているし、
女子の方が大きなお弁当を広げているように、思ったよ
こんなんで日本の未来はどうなるんだろうか・・・???



by yuurakuotozaemon | 2016-05-31 07:37 | 音作衛門物語 | Comments(0)
そのローソンの建築物を建てて、貸している地主ってどんな人??
普通の人ならば、とっくに解決してるんじゃないの?
風評被害って
世間は評判よ
客商売は特に評判 いいも悪いもありゃしない


c0185356_09224862.jpg




この地主は自動車修理の会社をやっていたんだが
修理工場がだんだん儲からなくなって廃業し
同族会社だったので、兄弟を次々切って
親族にも迷惑をかけて

お兄ちゃん達 元気かな・・・



今のローソンの駐車場のところは
重金属汚染の土壌汚染
売るに売れない土地さ



何度も民事を繰り返し、その度に学習するのはワルのやり方
こんなのと組んだ ローソンが気の毒にも思うよ
今回も責任を全部 ローソンに負わそうとするだろう



c0185356_12244300.jpg
この狸はうちの信楽焼の狸
イタチが子供を産む時に
使ってんの


イタチは自然保護で傷つけたら罪になるんだよ





うちのブロック塀には、鉄骨が入っている。
もちろんうちの経費で賄ったが
それも自分たちがしたと言ってきた。

ところがこれを建てるときの立ち会いには
音作衛門 参加していたので
この地主夫婦がいなかったことも覚えているし、
この夫婦が嘘つきということも
祖父母から聞いて知っている


聞いた話しで当てにはならないって??


とんでもない、うちの祖父と、向こうの爺さんが
目の前でつかみ合いの喧嘩になったのでな
当初の約束はこのブロック塀の経費は折半だったんだ。
それが鉄骨を入れるのでは、話しが違うと蹴ってきた

それで大げんかになったんだ


それを知らないと思って全部自分たちがしてやったと言ってきた。
つまり嘘つきよ



この際 今の建築基準を満たしていないので、
このブロックを撤去して新しいのにしようと
住民は地主に訴えたが
それも果たされず6年目だ


ここには鉄骨が入っているけれど
他の住民のブロック塀には、鉄骨が入っていない
ブロックを積んだだけ
危ないだろ

住民の方にブロック塀が傾いてきているので
皆 仕方なしに自分たちで、補修して
とんでもないワルだよ


c0185356_09272583.jpg
こんな綺麗な庭が隣りだったらどんなにいいか
差がキツいなあ




まだあるんだよ  昔の建築基準なんだろうかね・・・
人の敷地に雨水の排水官が またがってんだ
そして袋小路になっていて道がない家もある。

道は自分の所が開発したと、先代は嘘をついて
それを信じた人が買ってしまい
後になって道は他人のものということで、その他人と裁判になった。
これも民事で最高裁までいったんだ


もちろん地主一家の責任は重大なんだが、
道義上ってやつかな
こんな大騒動になってとすみませんと、この夫婦は謝ることもなかった。


まっ、同じことの繰り返しですね


うちはローソンに貸してるだけと、責任はありませんと
近所に言って回ってるんだ
そんなんで通用する世の中じゃないと
近所は皆 笑ってる








by yuurakuotozaemon | 2015-03-21 06:53 | 音作衛門物語 | Comments(0)

また緊急避難


日本の戦後復旧と
産業力

高速道路や新幹線など
その象徴のようなものだ

空気振動被害をひたすら隠して
ところが
海外から被害は多く出だして
環境省の官僚は困ってるだろうな・・

空気を無くせば被害は出なくなるがね


c0185356_1222357.jpg


先の計測した工事が終了して、やれやれと安堵したんだが、

また別の所で建て替え工事が始まり、
重機の空気振動で頭がボーっとし
買い物に行っても
何を買いに来たのかわからないようになって


また避難を余儀なくされた。
本とノートを持って
勉強できる環境に離脱せねばならない。
よく行く喫茶店も、前でビルの建て替え工事で、

避難先に困るんだ。


図書館か・・・静かな環境とかいうでしょ
それでますます、空調機がの低周波音がめだってな
過敏化しているこの聴覚では
さらに苦しい

電車の中の方が、まだいいんだよ




たった一つ いいことは
涼しい秋ということ
これで暑かったら、すごすところがない

低周波音被害者は基本的に 路上生活者ではない。
どうしてくれる、国会議員!
シランとは言わさない



天才の診療室に行かなくちゃ
とんでもない不調でくらくらする


by yuurakuotozaemon | 2014-10-10 07:16 | 音作衛門物語 | Comments(0)

今年のコンクールはね

毎年の全国大会
おこちゃまコンクールね
浜松でやるんですよ

今年のコンクールは
外国の人が何組か来ていてね・・・・
それが異様な雰囲気で
台湾か、韓国か、、、
お名前が読めないのよ



c0185356_18224098.jpg

たかだか おこちゃま全国大会なんだけど、
出場者は前年度と同じくらいの人数かな..でも外国人ていうのが


なんせバスで親戚一同が応援に来て、パスしたら やんやの大喝采
ヤジは飛ばないけど、なんか感じ悪いの
曲名が 日本語で 書けないって

どうやってこのコンクールを探したのかね
やっぱネットよね


都会でピアノを習おうとする子は だんだん減ってきて
特設の高校に入ろうかっていう子は 少なくなってきてる
おこちゃま自体が少ないから、
廃校になる学校が出てきてるし、


大学の先生方は地方に学生募集に出かけて
福岡や三重やで、卒業生相手に同窓会や演奏会を開いて、
学校に送ってくれる生徒を求めてる


それが、、今度は
台湾??


どうなるんだ、日本の未来は???




by yuurakuotozaemon | 2014-08-05 08:37 | 遊楽座へようこそ | Comments(0)

奈良の玄蕎麦

ここは玄
奥深くてよく見えないって意味・・・?

たしかに、ここは関西でもっとも傑出した個性の際立つ蕎麦屋である

開店そうそう、売り切れごめん
要予約せん、あんたが悪いってね・・・

c0185356_20311478.jpg

奥深い道に、工事のトラックがでんと居座って
そのさらに奥に、この店はある
奈良の界隈は少し入ると、この路地で、道に迷う


有名なこの店は、どんなところかと・・・・探しまわってやっとついた


c0185356_20354325.jpg
大胆かつ素朴さが感じられるなあと
思うのは音作だけだろうか・・・


迎えてくれる庭には涼しげな・・・
でもどこかで見たような..どこだったかな?
暑さを忘れて
見入ったりしたりして・・

c0185356_20400861.jpg

今日の蕎麦は、どんな味か 楽しみだが・・・
言葉で表現できないものだからね
まずこれが、水蕎麦だ
水と 塩と 梅味噌で食べる10割の田舎蕎麦だ・・・


c0185356_20430861.jpg

ほら、ほんとに水で食べるんだよ・・・

俺はそんなのは苦手って??

水で食べると 蕎麦が甘いんだ。。。。

まず一本そのままで食べて、蕎麦の味を確認して
しかし、水ってのが
原始に入ってしまう感じだ


奈良の仏さんにお供えする、お供物の味がする
最高のパスタでも、何もつけずにそのまま食べるって、
それよそれ


ここはとんでもない店主のこだわりの店なようだね


皆さん、必ず予約して行って下さいね


by yuurakuotozaemon | 2014-07-21 07:15 | 蕎麦好き音作 | Comments(0)

時空を越える夏の一日

こんな暑い中
こんな遠くによう来て下さいました。
暑かったでしょ・・・・

ここは家人のお気に入りの庭で
ここからの眺めが素晴らしいと・・・

c0185356_14211643.jpg

家人は生前 陶芸をしたり、俳画を描いたりと楽しんでいましたが、
最後の4年ほど、癌が転移して、闘病生活後に亡くなりました。
最後の作品展に、皆さんお越しいただけましたか?


c0185356_14254281.jpg

ここに家を建てて40年が経ち、山桃の木もこんなに大きくなって

まあ、、この家を建てたそのころにおいで下さいましたか
当時は何もなくて、運動場のようだったでしょ

これが家人の最後までこだわった趣味の
天平鸚鵡紋のふすまで、
これを特別に紙からすかして、染め上げていただいて、
正倉院の文様ときいております。



c0185356_14313711.jpg
子供にも見え
相対する鳥にも見える
そして唐草




そもそも家人は、昭和10年生まれで
家は曹洞宗、父親の代は戦争時代に教育者の校長先生、
奈良の学校で書を学びました。
奈良が大好きな人でしたね・・・


こちらは蘭ですね・・
上品で美しい金 
袋帯にある図柄ですね

c0185356_15494466.jpg

若い頃の写真です
昭和30年かそこらですが、やはり奈良です
元興寺前の写真


c0185356_15552349.jpg

紅顔の青年ですね
やさしい面差しだ・・・










by yuurakuotozaemon | 2014-07-19 08:42 | 遊楽画廊 | Comments(0)