音作衛門道楽日記 otozaemon.exblog.jp

音楽家のお遊び


by 遊楽音作衛門
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:重機の空気振動 ( 66 ) タグの人気記事

このエキサイトブログにせよ更新ができにくくてな、、、この一週間 近隣の工事でまた避難生活よ

ここの敷地は何坪あるかな・・・
そんな大きな敷地でもないんだよ
それでこの重機が3台入って

一体何が建つんだろう・・・




c0185356_20414585.jpg


こいつら、大騒動よ
三台 一気に動くんだもの

それにしてもメールは文字化けして扱いにくいし、
ブログは更新もできにくく
投稿メニューも飽きにくくて
編集はできないし・・・

マックはバックアップが
今までの機材でできなくなってんの
またサポートに電話しなくちゃ・・・




c0185356_20414679.jpg


しかしこの地下 結構掘ってる
何が建設されるのか・・?
店舗でしょうが・・・

この重機を地上に上げるには、どうするんだ??
自力では上がらんよ・・・




c0185356_20414787.jpg

今 ブログが反応するようなので
一気にアップするわ..

また明日、止まってしまいそうだからさ




by yuurakuotozaemon | 2017-06-11 20:52 | 音作衛門物語 | Comments(0)

あ、建てるんだ、やば

被災ぶりだな、遊楽くん


画伯はホームレスのおっちゃんのように
足を引きずりながら
歩いていた


c0185356_19512229.jpg


長々話を喫茶店で聞くに
アトリエ(家)の隣が大きな建造物で、
それを持ち主(豊中市)が売ってしまって、
取り壊しの重機の被害を被って
頭痛はする、めまいは来る、
それで避難生活をするようになったようだ


君の被害を聞いてはいたんだが
音楽家で特殊だからと、たかをくくっていたんだが


画伯、重機の空気振動に
遭遇したんですね・・・
それが低周波音症候群の症状ですが
世間の皆さん
それもご存知なく



周りは年寄りばかりで
我慢してるのだろうと思うが
わしゃな、
絵が描けんのだ!!



もちろん こちらも音楽どころか生活もできません
金もないっしょ


やっと取り壊しが終わったと思ったら、
そこの土地で住宅建設が始まり
そんないい高級住宅街でないと思うんだが、
世間のイメージは・・・・・?




土地価格が高いので、
そこに何かを建てて(個人の住宅ならまだいいが)
集合住宅など建てたら
人口が減ってますからね
売れませんでしょうね・・・

バブル期の銀行みたいに
悪いことばかりで
罪は深いでしょうね



あのな、わしゃ自治会老女会の世話をしているんだが
婆さんたちの会は・・・
すごい見識のあるのがいて
作品を見て、一瞬でこれはいいけれど、これはダメっと
峻別するんだ



避難ですね、その方法は長期被害には最適ですが・・・・
自治会館とか公民館とか
避難するのがいいと思います



そうなんだ..奴らは延々とくだくだ話をして
椅子や机を並べるのが
わしの仕事で、延々と話すので、

しんどいぞ、お前、こんなって
知ってるかお前!



知ってますよ、画伯
おばあさんたちのアイドルになれば
結構いいこともありますよ


彼らは結構 いいものを見てますからね
あの国土世間のお年寄りたちは 特にそうと思います
画伯の絵を見て
すぐに反応するでしょうし、


そうなんだ、何万もする筆に
高価な和紙をくれて
これで絵を描いってって



よかったじゃないですか
いいこともあれば悪いこともあるしねぇ

でも、早く家に帰って
芸術をしたいですよね・・・
困ってんですよ・・・・・・・
いよいよまた次の重機が近隣に入ってきて
工事が始まるんですよ


また次の避難生活が始まるんだよね
画伯はずっとですか??
何年め??







by yuurakuotozaemon | 2017-06-04 20:10 | 音作衛門物語 | Comments(0)

重機といえば

重機といえば
今サロンの前の川で
護岸工事が始まっている
川底を攫ってるでしょ
c0185356_07435016.jpg
老朽化したこの護岸を、予算がないので徐々に補強するそうだけれど

重機は動いていても
川底なので、そんなに異常は感じないんだ 
この場合の空気振動は
可動式といっても
円筒状に広がる波形でしょうから

10ヘルツ34メートルなので、30メートルくらいかな・・・
重機もちっこいし


c0185356_07435067.jpg


聞こえる音はゴーゴーうるさく聞こえども
あの駅前開発の時の大型重機とは大違いなので
大丈夫  大丈夫


100%暴露環境のサロンは
危険   危険


どちらにせよこの工事が終了するのは6月の半ばって
家に帰るよりも早く終わるじゃろな



何も始まらなければ、何も終わらない
それが当たり前のことだから
低周波音被害者は人格権もなくて
人体実験の対象でしかなく
誰も何もしないので
一人ぽっちさ





by yuurakuotozaemon | 2017-04-07 08:04 | 音作衛門物語 | Comments(0)

結構早く終わるかも

c0185356_08411273.jpg

朝一番で避難を開始し、
工事現場を確認して


ほらもう、こんなにボロボロ


結構早く終わるかもしれないな
明日は雨なので、☔️埃も収まるやろうし
ラッキー


避難もだんだんと平気になって
慣れたものさ
自分自身には勝利した、

by yuurakuotozaemon | 2017-02-23 08:35 | 音作衛門物語 | Comments(0)

いよいよ明日から

ああ、だいぶ防音シートも貼られて
錆びたベランダが撤去されていってる

明日午後くらいからかな・・・
重機が入るのは


c0185356_20552763.jpg

近いのでなぁ
あんばいみもって、避難だな・・・


この重機の空気振動被害にしても
うちのコンビニの空調機コンプレ一体型にしても
調べるところがどこもなく
訴える先も、事故調でも数だけやしな・・・

ほんと無責任な政府やで

それにしてもひどい耳鳴りで
最近 関西の近場で地震が出るようになって
もちろんちっこい震源なんだけれど・・・
それかな・・・??
嫌な感じや


エコ給湯だけはなんとか認知度がアップしても
他の音源は全然ダメだし
陳情しても無駄やっていう人もいるけれど
それしないと、もっと大変になるやんか


なに、なに、豊中市で小学校誘致の土地問題で
民進党が突っ込んだってねぇ
安倍小学校だって??
おまけに阪神高速の間近で、空港被害のあるところ??


そんなところに防音小学校を建てたら
健全な子供は育たんよ
その校区はいつも道路騒音公害に
空港被害があったところなんだからさ
それにプラス 汚染されたゴミ処理???


何か問題が生じるから国有地にしたんじゃないの?

因果応報の豊中市
低周波音被害をほっといたからさ
勝部に調査に入って来た環境省は、あの調査をどうしたのかな・・・?
ないことにしたんじゃないの?








by yuurakuotozaemon | 2017-02-22 12:41 | 音作衛門物語 | Comments(0)
いつから重機は動きますか?




c0185356_13122320.jpg
水曜日くらいからくらいから、
これの一つ上の大きなのが
動いて
最初の解体工事の予定は四日です。

それが終了すると
今度は基礎工事が始まります



c0185356_13122579.jpg
大丈夫、振動は大したことありませんよ
お昼は12時から1時まで
5時で終了です。



また避難生活が始まる
一番近くの30メートル先の老朽住宅が処分されて
新しいのが建築される
家にも帰れず、生活は不安定、それで次々と重機だろ・・・・

何が たった一人も置き去りにしない政策なんだ??
音沙汰なしじゃないか
もう次の陳情はないから
いいけどな


ああ、雨がしょぼついてきた





by yuurakuotozaemon | 2017-02-20 13:22 | 音作衛門物語 | Comments(0)
今日は、重機は動かず、工事は小休止であった
土管の工事が行われて、ちっこい重機だけが動いて
あの6台の重機は、止まったままだ・・・

毎朝 工事のおっちゃんに、
今日はどんな工事をするのって、
聞く自分が悲し〜〜〜〜い!

一体いつになったら救われるのか!
やい、環境省
庁から省にアップしてから、随分と酷い仕打ちじゃないか!
いつから可聴以下の低周波音が
身体に影響がないってことになったんだ!


1984年くらいの御用学者の論文は、まともな研究で、
どこをどう読んでも、影響がないって書いてない
要は数が少ないから、数の多い方をとって、
健康被害がないってことに押し込んだんだろう
c0185356_18234550.jpg

当時は風車の被害はない、
今現在は、風車は乱立して、増殖していってる
音は聞こえないから、国民は訴えない
訴える国民性ではないので、甘く見てるんだよ




人間の数が増えると、あと2100年経ったら、地球の総質量をはるかに超えて
2倍になるって説があるんだよ
そうなると、地球の動きは悪くなり、宇宙は正常に動かなくなり、爆発するんだって
数学的にはそうなんだってよ・・・



つまり人間の(自分を傷つける敵)増殖を抑えるためには
天変地異を起こすだろ(地球のヒステリー)
地震などそれに当たるでしょ・・・・


今の環境省に関係する学者先生方は、
自分の利益を優先していたら
目の前の現実に振り回されていたら、
破滅の時はすぐやってくる



頭がいくら良くても
生命の奥底が畜生界であれば、
破滅の時はすぐ目の前だ


ほら、自分の頭を見てみんしゃい
またハゲが広がって、041.gif041.gif
絶滅寸前じゃ








by yuurakuotozaemon | 2017-01-13 08:41 | 音作衛門物語 | Comments(0)

あ、重機の山だ

駅前開発は、このマンションを建てて
その周辺をロータリーにして

さらに商業商店街を
作る計画になっている


今はそのロータリー部分の土管工事中
3月の16日までかかる


今この土地は市の持ち物で、
3月予算の間にその工事をするんだな



c0185356_09233852.jpg


こちら側に重機が3台と、反対側にも重機は3台配置され
一斉に動くと、暗闇城には、いることはできない


今日は連休なので、工事は休みなんだが、
土曜は工事があり1日避難

朝の8時から夕方5時まで
工事では厳しいで


このマンションの住人は
えらい迷惑だよ



c0185356_09233961.jpg

一番の加害源はあそこの一番でかい重機で
これがあの位置で動き出したら
頭はコチコチで、体が硬直し、耳はつまり、


でも音は聞こえないんだ


おかしいなって思ったら、動いている


連休中、目が覚めたら朝の10時を過ぎていて
ものすごく神経が疲れているんだろ

また避難生活が始まった

by yuurakuotozaemon | 2017-01-09 09:38 | 音作衛門物語 | Comments(0)
おい、新年早々、いや・・・・仕事始めで
駅前開発の重機が動き出した。

重機の音は聞こえないので
のんびりしていると・・・

りんりん電話がかかってきて
話そうと思うと呂律が回らない
耳閉塞はそうでもなく

おかしいと思って確認すると、小さな重機が2機稼働している


聞こえない空気振動で、世の中騙されているのが
すっごくよくわかる

まさか聞こえない音で、体調不良など
だ〜〜〜〜〜れも信じないし、な
この老人ばっかの静かな
過疎のような町であれば、、、、


c0185356_19172639.jpg

疑うのは自分の健康であるし、

騙されて、異議申し立てもできない

うまくなってるわ、環境省の愚策は、国の開発基準を守るものさ


とにかく 避難しよ
一旦低周波音症候群になったら、特殊能力で世界を救う????

安穏な生活をした〜〜〜い!
愚策をひっくり返すには、どうしたらいいのだろう???









by yuurakuotozaemon | 2017-01-07 19:26 | 音作衛門物語 | Comments(0)
今年も駅前の工事は続き
重機が動き
この暮れのこの時に
また避難生活


お====い 大型重機、こっち来るな!
あっち行けよ!



とにかく後2時間くらい
暗闇城には帰れない

c0185356_17520533.jpg


アーモンドケーキ食べよ!、

そこにいるおばちゃん二人の話を聞くと067.gif



大阪の料理を食べ歩き(死ぬのが近いでしょ、好きなことしてさ)
男性タイプの店は、一年間予約の座席をとって
どかっと 数の子なんか出てきて
1万2千円くらいで
そんなでっかい金額ではないけれど、

女性タイプの会席では
ちょこっとしか出てこない じゃないの


一年間の予約でしょ・・・
それはちょっと苦しいわね



もっとひどい話は、シェフのこだわりってので
キャンセルしたらどうこうとか、事前に契約書みたいなものが送られてきて
それで5万円


それで味は、まあまあで
最後に帰る時に、シェフのご挨拶があるからって
止められてね・・
二度とこないから、帰りますって思いで
席を立ったんよ


すごい話やなと、聞き耳を立てても
気の毒になるんだよ
日本国では避難生活をしている人がどれだけあるか

世界では飢えてる人たち
避難民がどれだけか


 

スペイン料理のシェフの店で
奈良時代のチーズを食べたんだけれど
それって山羊かな、それとも馬かな、牛ではないよね
癖のないお味でねぇ
私 フランス料理すきだから・・・・



おばちゃん、歴史と文化を勉強してから
一つだけ食べに行きなよ
そうでなかったら、失敗するよ
そう言いたかったけれど、な
まあ、いいか





by yuurakuotozaemon | 2016-12-28 18:18 | 音作衛門物語 | Comments(0)