音作衛門道楽日記 otozaemon.exblog.jp

音楽家のお遊び


by 遊楽音作衛門
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

化け猫 益々のさばる

大阪は梅雨の中休みで連日30℃を越えています。コンビニの化け猫は音作にぴったり寄り添って、少しの間も離れてくれなくなりました。そうです、トイレでも風呂場でも、サロンはもちろんのこと、防音壁のお部屋にまでクーラーや換気扇からヌッと入って来てどこまでもついて来るのでした。

彼奴がしっぽを降ると、ヘリコプターの音がし、あくびをすると湯沸かし器のボイラーの音がし、喉を鳴らすと、道路工事の爆音がというぐあいに、迷惑きわまりありません。

もちろんこれらは小さい音ではあるのですが、一旦耳につけば気になって仕方ないのが、人間の神経であります。簡易的な防音壁が入り、シャッターにペアガラス、二重窓になっていても聞こえる彼奴の唸り声。
仕方ないので、この地域のおばちゃん市会議員に連絡して、市から化け猫測定係を派遣してもらうことにしましたが、この低周波はどのくらいのデシベルがあるのでしょうか。
そして対策はいかに。

絶対音感の音作の耳には、屋内の冷蔵庫ミーレの音は B
松下のセキュリティー ドアホンはA
日立の空気清浄機はGes
このように聞こえています。

いずれも低音譜表のさらなる低音の音域です。この音域は人間の耳につかない音域で、猫などでも高音は大嫌いで逃げ出しますが、この音域ならばそこそこは平気なんです。
有音ではなく無音の範疇の機械音で、雑音、ノイズの区分になります。

人間の耳では有音がなっている時は、無音は負けて耳につきませんが、有音がない状態では無音がのさばり、結果 夜がうるさいの!!!!

これは家の中の話であって、外はギャオ〜ンと大きな声だから、一般家屋はたまったもんじゃない。
それでも一般人は体の調子が悪くなってからしか、気がつかないんです。
音で人を殺せるんだけどな   怖い怖い・・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yuurakuotozaemon | 2009-06-30 00:02 | 音作衛門物語 | Comments(0)