音作衛門道楽日記 otozaemon.exblog.jp

音楽家のお遊び


by 遊楽音作衛門
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

耳からのは遠隔受容っていうの

これは光なんだけど

光は直進性に特徴があるんだ、
光はわずかしか拡がらないし空間を走る。
気体と液体は通り抜けるけど、個体は反射か吸収かさ

ところが音は直進するだけでなく、気体と液体、個体が振動することによって、
あらゆる方向に拡がるの。
回り込みもする
もっと複雑な変化に富む動きをするの

c0185356_15142316.jpg


音を完全に抑え込もうとするのは、まあ無理よ。
この天井のような、遮音材を入れても…
椿のソプラノの声など、押さえ込むことはできず、跳ね返って自分の耳に衝撃が返ってくる。
今はこのような防音室で、吸収パネルなどを入れて工夫しても...

特に周波数が低い音は、地上や水中を自在に走り抜けて、振幅の大きな低周波は数キロ規模の到達距離を確保できる。北海道の地震の時、3キロ先のコンビナートが倒れたけど、それなみだ。
風車被害など典型的事例でな

そうそう地下のライブハウスがコンサートを始めると、近隣のマンションまで鳴りだすんだよ。
土管を伝ってね

この光の拡散が響きと思ってよ
光彩が、響きだ
音ならゆらぎっていうんだよ。

もう!この天井からの空調、なんとかならないかな
頭の上から吹き付ける低周波音で、ふらふらするよ
音楽家はこのゆらぎを耳で取ってるんだ!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yuurakuotozaemon | 2011-03-01 10:46 | ミニ学問 | Comments(0)