人気ブログランキング |

音作衛門道楽日記 otozaemon.exblog.jp

音楽家のお遊び


by 遊楽音作衛門
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

クロック ムッシュを食べながら 学習する音作衛門

耳に入った音波は最初に鼓膜にぶつかり、鼓膜が前後に動くことで蝸牛内に圧力波が生じる。
圧力波は蝸牛内の水の様な液体を動かし、蝸牛には何千もの小さな有毛細胞が並んでいるので、それらも動く。

この有毛細胞は、低いものから高いものまで、さまざまな周波数に反応するようにできている。
次に有毛細胞は周波数の異なる振動を神経信号にかえ、
電気信号として変換されたそれは、脳幹から脳へと進む。
この電気信号は聴覚野へと向かうのだが、この聴覚野は周波数に従って配列されている。


(これは他の本でもすでに勉強したが、一番分りよい表現ですね)

c0185356_1328180.jpg


音楽的な音の物理的性質について、ボビー・マクファーリンが
コロンビア大学のブライアン・グリーンと対談したとき、
人間の骨や体内のその他の部分は振動に反応するのか、「音楽を聴いている大きな耳のような」働きができるのか,
そして「音楽が耳の中に入っていくように、毛穴の中まで入っていけるのか」とグリーンに尋ねた。
するとグリーンは

地球上のすべてのものは振動するから人間の骨も振動する
さらに
音楽体験は人の生理機能と深く結びついていると断言した。



そうそう低周波音症候群は、体が空気振動で共振するんだ。
人間音叉みたいなものね
もう一回この図を見てと


c0185356_176714.jpg


人間が雑音と認識する音は無秩序で不規則な音波を生み出す。
しかし、音楽的な音は非常に規則的な振動である。
その波は規則的なパターンでくりかえす。
もし空気の分子が見えるなら、圧縮 稀薄 圧縮というように
きれいに循環して進んでいく様子が見えるだろう。
楽器と人間の第一の楽器である声は規則的な音波を生み出すことが多い。

音高の差は空気分子の振動の速さによって生じる.
低い音の場合波の動きを見ると圧縮と圧縮の間の時間が長く、
高音の波の場合はその時間が短くなっている。

このくらいの表現だと、初心者でもわかりよいな・・・O



ちょっとコーヒーのおかわりはまだ?
えっ、今忙しいから後回しか・・ こんなところまで後回しにされて・・・
低周波音被害者の宿命か・・・X

関わりの少ない所は、後回しになるんだ
中国みたいにデモらんと反応しないかも・・・
中国の気持ちもわからんことはない


速くしろよ早く!、時計ぶつけられたいか!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yuurakuotozaemon | 2013-01-27 09:04 | 音作衛門物語 | Comments(0)