人気ブログランキング |

音作衛門道楽日記 otozaemon.exblog.jp

音楽家のお遊び


by 遊楽音作衛門
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ケイ君との思い出

古い友人が亡くなった
あいつが死んで
そして次は・・・・ケイ君か

ケイ君とは、高校生時代に知り合った
当時 桜塚高校で執行部だった時代、
大阪全域の高校が一同に集まる、高校生集会というのがあって
その時に知り合ったんだ。
彼は音作の父親の出身校 今宮高校だった。
高専っていうのがこの高校の特徴で

将来は電気関係の仕事をするのか?

まだ分からないけれど、多分就職して、そうなると思うと
ケイ君は答えた。


c0185356_09243270.jpg
ケイ君はこれまた音作の同期の才媛 平城さんと結婚して
結婚式で、ピアノを演奏した。
ちょっと小ぶりだったけれど、男前で白いスーツがよく似合っていた。

ところが彼の就職した会社は
海外勤務の技術者がダムを作ったり
ケーブルを引いたりする会社で
日本にいることがない


ずっと単身赴任で、日本に帰ってこない

マグロ船に乗って、帰ってこないどころではなく、もっと長期なんだ。
それも政治不安定な国ばっかりだった


何年前だったかな、、、日本に帰ってきたのは
それでも東京勤務で
この家族運のないのには、呆れた

女の子が1人、妻は学校の先生、妻の実家にずっと2人は住んで

天安門事件の時には、強制帰国だ


c0185356_09351363.jpg

そして今回 退職してしばらくは日本にいたけれど
気が付いた時には肺癌で、脳転移で
抗がん治療もできずに、およそ2週間で逝ってしまった。


びっくりしたよぉ・・・不調を我慢してたのか


3人兄弟の長男で、父親が死んで、次がケイ君、お母さんは車椅子
何十年も前に会った家族は、昔の友人がきてくれたと、
喜んでくれた。



才媛の妻は葬儀を取り仕切り、立派だったよ。
こんな優秀な妻だったら、何もかも任せて、安心してたんだろうな
離れて暮らしていても
マメに電話をしてくる人だったから、
可愛い娘は、パパが死んでおいおいと泣いて
幸せだよ、ケイ君は

君の声はずっと覚えているのでな、
音作が死ぬ時は 迎えにきて欲しい

葬儀会場ではフルートの演奏があって
ケイ君は音楽が好きで
ギターが好きだったんだ
さだまさしの関白宣言か....そんな時代だったな


とにかく音作が生きている限り
これからも奥さんと娘と
仲良く縁を深めていくよ
君の命日も忘れない

日蓮大聖人の最大の受難の日 竜の口の法難の九月十二日が
君の亡くなった日
しっかり命に入ったからね


また、会いましょう
必ず 会いましょう
今世も来世も 三世永遠に一緒に生きましょう

生も歓喜 死も歓喜
生きることも死ぬことも不二であるのだから
なに、もう少し我慢すれば また会えるさ





 




名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by yuurakuotozaemon | 2019-09-16 10:06 | 音作衛門物語 | Comments(0)