人気ブログランキング |

音作衛門道楽日記 otozaemon.exblog.jp

音楽家のお遊び


by 遊楽音作衛門
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2012年 05月 17日 ( 1 )

道楽日記に訪れる新しい訪問者に、何度でも同じ話をする。
これしか今は方法がない。

c0185356_1964873.jpg


低周波音被害は、政府も認めず、裁判でも勝つことは未だかつてないが、被害は30年前からあって、当時は大きな工場や、高速道路などから出ていたのさ。

それが、、どんどん小規模になり、隣の住民からの被害になった。
飛行場や基地からの被害は、低周波音被害者の会には届けがない。

騒音と低周波音被害とは根本的に違うんだ。

c0185356_1933217.jpg


音が低くなればそれだけエネルギーは増大して、遠くにまで波及する。家屋が密集するとそれだけ被害は複雑にからみあう。
加害源がわからない。

脳は鐘をついたときのような振動を感じ、音圧は鼓膜を圧迫し、目眩はメニエールの時のようにするし、耳鳴りは半鐘叩いた時のように鳴り渡る。
しかし、この症状はその人だけにしかわからない。
個体振動数が人それぞれ違うからな

c0185356_19105193.jpg

 表題<招き猫>

この猫、前の飼い猫に似ているな・・・
それがわかるのも、その個人の胸の内から来るでしょ


だからそれは貴方自身の体質で、貴方だけで、貴方のせいですと、
もっていくのさ、あいつらは

それで公調委は、実験をするんだよ。

c0185356_19114451.jpg


訴え人の数が少ない、
正式な数は少ないでしょうなぁ、庶民が正式に訴えることができるかどうか
一体どれだけの時間と資金がそこにかかるか、
政府は窓口も開いていない、公調委は人権無視のマニュアルをふりまわし、環境省は測定師を専門家として、議員は予算だけしか見ていない。

それより被害者は逃げる方が早いだろ、
借家だったら問題はないが、自分の家なら逃げるに逃げれず、時間だけが経っていき、結局家を手放すことになる。

大きな症状は避難で引くけれど、小さな症状は次の環境でも立ち上がってくる
そこを皆は理解できていない。
社会生活に支障を来す、低周波音症候群なんだよ

環境省が悪いのさ
それで皆で訴えようとしているんだ。

この猫の目を見てごらん、
あなたは何を感じますか?
椿は可愛いとしか感じない。


おまえは敵か、それとも味方か
どっちだよ・・・

ブログにようこそな・・・
by yuurakuotozaemon | 2012-05-17 08:20 | 遊楽画廊 | Comments(3)