人気ブログランキング |

音作衛門道楽日記 otozaemon.exblog.jp

音楽家のお遊び


by 遊楽音作衛門
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2013年 07月 29日 ( 1 )

私自身、暴力を伴った指導は受けていない。
指導者からは「人生に生きる柔道であらねばならない」と教えを受けてきた。
これが私の生き方の基本となった。

柔道が教育である以上、指導者は選手を磨くことも大事だが、己を磨かないといけない。

私は暴力指導は最低だと思っている.選手や子供達から考える力を奪う。
言葉を知らない未熟さや、目先の勝利だけを見つめる姿勢が暴力につながる。
勝つことは大事です。
でも嘉納師範は目先の勝利だけでなく、人生の勝利を目指した。それを忘れてはいけません。



選手時代も監督時代も、私への金メダルの期待は大きかったが、重圧にはならなかった。
ただ私自身が金メダルを取りたかった。
監督時代は一人でも多くの選手に夢を実現してほしかった。
その気持ちを一番大事にしていた。

周囲の重圧を気にするのではなく
自分がやりたいんだという考えに帰れば、勝利至上主義に伴う過度な重圧は無くなるはずです。





畳の上では山下は一人
山下が自分自身で考え、行動できる選手に育てたい。
僕の手を離れることが理想だ。


最後の全日本選手権で、佐藤先生はあえて私から離れました。
そして祝賀会で言われました。
今日、私の夢が現実になった。山下は私に一切の助言を求めず、自分の力を出し切ったと



スポーツは自発性を育む。
そのことを指導者は試合の勝敗以上に大事にしてほしい。





見事なイッポンだ・・・・
朝日新聞の記事だが、他の登壇者を圧倒している


この決め台詞を言える、そういう大きな人物が各界に出て頂きたい
音楽も、政界も、財界も、医学界も、
ありとあらゆるリーダーに
通じる言葉です

見事!
by yuurakuotozaemon | 2013-07-29 07:14 | ミニ学問 | Comments(0)