人気ブログランキング |

音作衛門道楽日記 otozaemon.exblog.jp

音楽家のお遊び


by 遊楽音作衛門
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ:遊楽座へようこそ( 184 )

また、イスラムのテロがあって
同じ聖地を抱えているのに
不思議な話よな・・・
人間の内面というのはわからない
なんでこんなに揉めるんだろう



有名なミセレーレの歌を
ちょっと探して見たんだよ
モーツアルトが、お父さんと旅して、バチカンで耳コピしたミセレーレ



これがいいと思うのね・・・男声コーラス
キリスト教の聖歌(秘宝)







この聖堂の響きが素晴らしい
さすがBBC

ちょっと待てよぉ
イタリアでなくてイギリス正教会??

純粋な男声コーラスで成り立つミセレーレ


後のは女性が入ってるでしょ
カストラートも 今の時代には あってはならない人権侵害だから


う〜〜ん この聖堂の響きが
どこでどう反射して
どうこの聖堂に響き渡るのか

なんか、音響の論文はないのかな?

研究者や学者は 今の時代には
世界に いそうなもんだが・・・・・?


日本にはそんな研究者も学者も
いないでしょ
そんな音環境を知りもしない
知らないということは興味もわかない

建築学会なら、なんか わかるかも


でも、、世界のどこかには、計測器を仕掛けて
やって見たいと思う人がいると思う
また思いたい


低周波音症候群、汐見先生は計測器を持って
全国を回られたんだから
きっと、、どこかにって  さ






by yuurakuotozaemon | 2019-03-23 19:29 | 遊楽座へようこそ | Comments(0)

楽しんでよ

浜本隆司のブログに入ると
こんな演奏がかかっていた
これ、どう思う??


我々音楽家からしたら
らしど レミファソラだけの
動機だけ、メロディ? だけの代物なんだけど

彼からしたら、どんな意味と価値があるのか?



やっぱ、、最初のカラフル鳥などとか
アート感覚ではなかろうかと・・・
音作は自分の感覚で  な
考えてしまうのだ



いろんなことを考えて
このブログを見る人もいるけれど
やっぱこちらからすると 芸術家なので
一般人とは違うことを考えて
作っているのだ



それでも浜本の心は わからん


浜本隆司の 次の作品が楽しみだ
いよいよ 芸術は
大爆発か




by yuurakuotozaemon | 2019-03-17 12:47 | 遊楽座へようこそ | Comments(1)
お正月に一体何をしてすごすのか
避難生活でお金もないし
出かけるにしても、人でいっぱいだし

羽根つきも、バトミントン部でなし
コマ回しも、寄席の芸人さんではないし
できないので・・・
椿は ピアノの稽古に没頭しています
様はお仕事


c0185356_18221284.jpg


ショパンにしてもプロコフfぃえふにしても
手がちっこい椿には
完璧に弾けないんだけれど
譜読みをして
脳内トレーニングです。


低周波音被害は脳の神経を傷めることは
自分の体験で分かっているんだけれど
もう一つ分かっていることは



ピアノってね
小さい頃から弾くでしょ
そうするとね・・・


脳からの指令で動くいろんな機関が変異してね・・
それで成り立つものなんだよ
その脳変異は
どこがどうなって、どう動くかは全く
分かっていないんだけれど


だからね、この低周波音被害っての
脳神経に何らかのダメージを与えるってこと
すぐに分かったんだわ

こましな プロコのミックスリスト 聞いてみて
この和声感は椿の脳内では
反応しにくいんだ
小さい時にこんな難しい和声 弾けるかいな


全然 上手くならないよ
悪戦苦闘よ





by yuurakuotozaemon | 2019-01-02 08:18 | 遊楽座へようこそ | Comments(0)
ハロウィンが終わって、いよいよ寒くなってきた
手術後の腹の調子は
2ヶ月ならば、いいわけはない

低周波音被害の実態は混迷をきたし
紀伊水道で地震があったら、
とっても調子が悪いんだよん



どうすんのこれから
家に帰りたいのは当然だが・・・
来年は家を出て 10年になるんだよ

思ってみても仕方なし


いっちょこれでも聞いてみましょうかね


この魔女は誰だべさ






まあ、こういう人生のストリーもありかもしれない
ストリートか・・・・

このミックスリスト
一見の価値ありよ




by yuurakuotozaemon | 2018-11-04 20:46 | 遊楽座へようこそ | Comments(0)
今日は平城香子さんとデート
どこに行きたい ときくと
ここ スイーツパラダイスってな

遊楽くん 手術が終わって、落ち着いた?
なんでも食べられるの?
香子さんはいつも女性らしい心使いで、大人の女性って感じなんだ

こういった暗さは彼女には見せれんねぇ
だって暗い話は
相手の心を引きずり落とすだろうからね
明るくいこうや




c0185356_18463289.jpg

店内はこんな感じ
ハートに赤にピンクかぁ
今日は平日なのですぐに入店できるけれど
土日は並ぶってよ


ピンクに赤とは女性が好きそうな色だけれど
この安物くさい店内の様相が、
コンビニスイーツとどちらがうまいのかなあ・・・・


それにしても頭の中は低周波音被害者として
真っ暗よ
10年なんの進展もないのでな・・・・
風車被害にコンビニ被害  解決の窓口もない




c0185356_18511809.jpg
ハロウィンおばけか、、、、
頭の中でこの歌が流れるんだよな






アイフォンをちらっと見ると
風車の被害者さんからのメールが入っているよ
こちらが遊んでいると見えたら、ツッコミが来るんだよなあ・・・・
しかし  風車でしょぉ
デートを 邪魔をするな!
無粋なやつよのう

いやあ、マイペースってこともある
同じ事象を見ても、その見方は自己の心において
違ったものに見えるからさ



こういう歌も
あるなあ
人間の脳って、すごいなあ





by yuurakuotozaemon | 2018-10-17 20:47 | 遊楽座へようこそ | Comments(0)
8月ですのでね 戦争と平和などの課題にしよか

名文のトルストイの戦争と平和を読んでみて・・・
ナポレオン戦争のその時だから
音楽ならばベートーベンの時代であります。


公用語はフランス語
その時代の衣装もジョセフィーヌスタイル

映画を見てみようか・・・・
軍服とかじっくりみてみようか
時代考証してあるはずだから

また日本人には理解できない宮廷でや社交界でのダンス
もちろんウィンナーワルツで 右回りかな
音楽がついてくるし
それを考えてのことよ






もちろん名作のオードリーの作品もある
彼女はバレエをやっているので
背中のラインが美しいさ

大量動員の時代の名作
ベンハーとか
あと何かな??? 風と共に去りぬか







探っていたら
こんな刺激的なものがあった







何が魅力的なのか・・・
わからんこともないな・・・






by yuurakuotozaemon | 2018-08-11 13:19 | 遊楽座へようこそ | Comments(0)

暗闇城にようこそ 

暗闇城に、大騒動でピアノを移動させる。

サロンの前の道は、川の側道になっているが
ひっきりなしに車が走り、
トラックに楽器を運び込めない

人員スタッフは大きなおっちゃん4人
もちろんクレーン車も必要で
大騒動の搬出


そしてこの暗闇城の搬入は
窓入れなので難しいのだよ


当節 運送屋もプロが存在せず、
お手伝いしかできないねえ
親方一人で頑張っている
見事な手腕だった


c0185356_08205882.jpg
ほら これがスタインウェイのB型
iPhoneのカメラに全体が写りきれないほど
でかい



避難生活9年間 サロンに放置されて、全く弾いていないのだよ
最後の整備では、ハンマーに手を入れて、削ってしまって
その間の管理が素人管理だったのでな・・・

復旧するだろうか・・・

モダンピアノのハンマーはフエルトハンマーで
そこが難しい
やわやわ モコモコになっていたら、137.png


c0185356_08272263.jpg
ハンマーに弦の後がついているように見えるけれど
これは光の影なんだよね・・・・


ピアニシモで恐々弾いてみると
埃臭い臭いが立ち上がってくる
要は古い本のカビた臭いだ


サロンにはコンプレッサーの微振動が来ていて
調律しても1週間持たなかった
それは誰にもわからず、持ち主だけしかわからない音の世界だ


ずっと9年間 微振動だからね・・・・
一月は養生させなくちゃな


それから マイスターを呼ぼうか
10年も経てば若い調律師も育っているかな・・・?
新しい音創りを始めるには
いい技術者が必要なんだが


最近はとんと、お目にかからないねぇ・・・
辛抱がたらんのやと
運送屋の親父まで同意見よ




by yuurakuotozaemon | 2018-03-10 08:39 | 遊楽座へようこそ | Comments(0)

豊中の野畑というところ

豊中15中学の野畑というところは
当時は田園が広がる地域で

ここまで素晴らしい風景ではなかったが・・・・

まだまだ稲作地区があって
卒業アルバムを見ると、当時といかに違うかが、わかる


これは箕面の現在の風景です
このような風景を残すように
今 箕面市は取り組んでいる

全国でもあると思う


c0185356_17432343.jpg

卒業アルバムを作るために、これも多くの時間と美意識と
経費をいただきました
ご父兄からも ご協力いただきました
ありがとうございます



同窓会の前に世話になっていた先輩が亡くなって
15中校区の公民館に出かけて
迷ってしまった・・・・

その田園は住宅地になってしまい
どこの道から車で入ったら、たどり着くのかが 分からない105.png
マップアプリでも
ない!143.png



あれほど家庭訪問をした校区が
すっかり変わってしまいました。
もちろん、泉ヶ丘の竹藪も消滅です。

あのような田園 町並み ご近所 人付き合い のんびり感は
今は体験できません

ベートーベンの田園などは
さらにさらに のんびりした昔じゃね・・・



久しぶりに中学校音楽の鑑賞教材など、貼ってみようか
フルトベングラー指揮の ベートーベン 田園







めっちゃ退屈で
昼食を食べて その後の音楽の授業で
寝てしまった生徒もいますね

それは正解なのです・・・
それでいい音楽ですよん


しかし私 後悔することもあります
予算の使い方が未熟だった私は
このような鑑賞教材を初年度に
揃えることができませんでした・・・・


ところが、今はユーチューブでいくらでも
なんでも ちょこっと鑑賞はできるのであります 
PCを使って スクリーンとスピーカーで
鑑賞教材はユーチューブ
そういうことも ありありです



さて、、
あれほど苦労して揃えた、学校のスピーカーの中を
割ったしまった生徒は誰ですか?


一期生 二期生で誰がやったのか! 108.png169.png133.png








by yuurakuotozaemon | 2017-11-10 19:01 | 遊楽座へようこそ | Comments(0)
夏休みなんだけれど、
暑いわあ・・・
公開レッスンでも見よう


魔女アルゲリッチに対して
シフはどうかというと
これもすごいねえ・・・
両性具有の典型ですよ

いつもいい録音で、いい楽器で、こだわりの美意識と
耽美主義ってのか
そこが男性特有のこだわりかな・・・

見た感じは
女性っぽいんだよね・・・


この公開レッスンでは
彼は左手のアーテュキュレーションを
学生に提示している


でも、、音楽ってのは
客観は全然なくてな・・・
聴覚の  感じだけで教えるので
時間芸術と聴覚芸術だから
難しいね





昔この聴覚芸術ってことを話したら
アマチュアのバイオリンに
バカにされて


こちらは 君は芸術論を読まないかって
本ぐらい読めよってな、
そう思ったものよ


この学生の手は
なんかまだまだ 未成熟な発達していない手に
俺っちには 見えてんだよね・・・


ほら、なんとなく女性っぽいでしょ・・・・
両性具有は魅力的なんだ
そうでなくちゃ、芸術はできないよ


現実社会で組織的な考えで動くなど
このデリケートさでは
できないっしょ

全体主義に
現時点の社会的価値観とか
商業主義の芸術
とっても無理と思うのだよ








by yuurakuotozaemon | 2017-08-04 19:48 | 遊楽座へようこそ | Comments(0)
あまりの暑さに、午後は出かけられない
ちょっと健康には悪い運動量しか、確保できていないけれど
そもそも閉じこもりの傾向性がある音楽家だからして
不自由はない。


今日はパルティータの2番をチクチク音をひらって
勉強をしようとな・・・

人生というのは常に挑戦、常に戦いの連続だ
ゲーテもいってる

私は人間だったのだ
それは戦う人だということを意味している





どうだ このミックスリスト
アルゲリッチも随分と歳がいって
すごい迫力の魔女になってる
突き放すような出だしの雰囲気
そしてさらに続く
こんなスタッカートのテクニックは
なかなか できないよぉ


チェンバロの雰囲気をとって
スタッカート???


考えている曲の構想は
一致しているけれど
音の処理を、どうするか・・・


バッハはエネルギッシュな男性的な表現だし、


この突き放すような厳しき表現が
なんとも言えんねぇ・・・
今の時代のやさしき男性たちでは
これは理想の目指すべき男性像と
言い難いかも



それを女性のアルゲリッチが弾く
要は両性具有でないと表現できないのが
芸術なんだと思うね


ちょっと待てよぉ
低音 すなはち左手が聞こえないのは・・・・???
ああ、そうか
ピアノの尻尾が短いからか
弦が短いと、無理だよね









by yuurakuotozaemon | 2017-07-31 20:11 | 遊楽座へようこそ | Comments(0)