音作衛門道楽日記 otozaemon.exblog.jp

音楽家のお遊び


by 遊楽音作衛門
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:遊楽座へようこそ( 178 )

暗闇城にようこそ 

暗闇城に、大騒動でピアノを移動させる。

サロンの前の道は、川の側道になっているが
ひっきりなしに車が走り、
トラックに楽器を運び込めない

人員スタッフは大きなおっちゃん4人
もちろんクレーン車も必要で
大騒動の搬出


そしてこの暗闇城の搬入は
窓入れなので難しいのだよ


当節 運送屋もプロが存在せず、
お手伝いしかできないねえ
親方一人で頑張っている
見事な手腕だった


c0185356_08205882.jpg
ほら これがスタインウェイのB型
iPhoneのカメラに全体が写りきれないほど
でかい



避難生活9年間 サロンに放置されて、全く弾いていないのだよ
最後の整備では、ハンマーに手を入れて、削ってしまって
その間の管理が素人管理だったのでな・・・

復旧するだろうか・・・

モダンピアノのハンマーはフエルトハンマーで
そこが難しい
やわやわ モコモコになっていたら、137.png


c0185356_08272263.jpg
ハンマーに弦の後がついているように見えるけれど
これは光の影なんだよね・・・・


ピアニシモで恐々弾いてみると
埃臭い臭いが立ち上がってくる
要は古い本のカビた臭いだ


サロンにはコンプレッサーの微振動が来ていて
調律しても1週間持たなかった
それは誰にもわからず、持ち主だけしかわからない音の世界だ


ずっと9年間 微振動だからね・・・・
一月は養生させなくちゃな


それから マイスターを呼ぼうか
10年も経てば若い調律師も育っているかな・・・?
新しい音創りを始めるには
いい技術者が必要なんだが


最近はとんと、お目にかからないねぇ・・・
辛抱がたらんのやと
運送屋の親父まで同意見よ




by yuurakuotozaemon | 2018-03-10 08:39 | 遊楽座へようこそ | Comments(0)

豊中の野畑というところ

豊中15中学の野畑というところは
当時は田園が広がる地域で

ここまで素晴らしい風景ではなかったが・・・・

まだまだ稲作地区があって
卒業アルバムを見ると、当時といかに違うかが、わかる


これは箕面の現在の風景です
このような風景を残すように
今 箕面市は取り組んでいる

全国でもあると思う


c0185356_17432343.jpg

卒業アルバムを作るために、これも多くの時間と美意識と
経費をいただきました
ご父兄からも ご協力いただきました
ありがとうございます



同窓会の前に世話になっていた先輩が亡くなって
15中校区の公民館に出かけて
迷ってしまった・・・・

その田園は住宅地になってしまい
どこの道から車で入ったら、たどり着くのかが 分からない105.png
マップアプリでも
ない!143.png



あれほど家庭訪問をした校区が
すっかり変わってしまいました。
もちろん、泉ヶ丘の竹藪も消滅です。

あのような田園 町並み ご近所 人付き合い のんびり感は
今は体験できません

ベートーベンの田園などは
さらにさらに のんびりした昔じゃね・・・



久しぶりに中学校音楽の鑑賞教材など、貼ってみようか
フルトベングラー指揮の ベートーベン 田園







めっちゃ退屈で
昼食を食べて その後の音楽の授業で
寝てしまった生徒もいますね

それは正解なのです・・・
それでいい音楽ですよん


しかし私 後悔することもあります
予算の使い方が未熟だった私は
このような鑑賞教材を初年度に
揃えることができませんでした・・・・


ところが、今はユーチューブでいくらでも
なんでも ちょこっと鑑賞はできるのであります 
PCを使って スクリーンとスピーカーで
鑑賞教材はユーチューブ
そういうことも ありありです



さて、、
あれほど苦労して揃えた、学校のスピーカーの中を
割ったしまった生徒は誰ですか?


一期生 二期生で誰がやったのか! 108.png169.png133.png








by yuurakuotozaemon | 2017-11-10 19:01 | 遊楽座へようこそ | Comments(0)
夏休みなんだけれど、
暑いわあ・・・
公開レッスンでも見よう


魔女アルゲリッチに対して
シフはどうかというと
これもすごいねえ・・・
両性具有の典型ですよ

いつもいい録音で、いい楽器で、こだわりの美意識と
耽美主義ってのか
そこが男性特有のこだわりかな・・・

見た感じは
女性っぽいんだよね・・・


この公開レッスンでは
彼は左手のアーテュキュレーションを
学生に提示している


でも、、音楽ってのは
客観は全然なくてな・・・
聴覚の  感じだけで教えるので
時間芸術と聴覚芸術だから
難しいね





昔この聴覚芸術ってことを話したら
アマチュアのバイオリンに
バカにされて


こちらは 君は芸術論を読まないかって
本ぐらい読めよってな、
そう思ったものよ


この学生の手は
なんかまだまだ 未成熟な発達していない手に
俺っちには 見えてんだよね・・・


ほら、なんとなく女性っぽいでしょ・・・・
両性具有は魅力的なんだ
そうでなくちゃ、芸術はできないよ


現実社会で組織的な考えで動くなど
このデリケートさでは
できないっしょ

全体主義に
現時点の社会的価値観とか
商業主義の芸術
とっても無理と思うのだよ








by yuurakuotozaemon | 2017-08-04 19:48 | 遊楽座へようこそ | Comments(0)
あまりの暑さに、午後は出かけられない
ちょっと健康には悪い運動量しか、確保できていないけれど
そもそも閉じこもりの傾向性がある音楽家だからして
不自由はない。


今日はパルティータの2番をチクチク音をひらって
勉強をしようとな・・・

人生というのは常に挑戦、常に戦いの連続だ
ゲーテもいってる

私は人間だったのだ
それは戦う人だということを意味している





どうだ このミックスリスト
アルゲリッチも随分と歳がいって
すごい迫力の魔女になってる
突き放すような出だしの雰囲気
そしてさらに続く
こんなスタッカートのテクニックは
なかなか できないよぉ


チェンバロの雰囲気をとって
スタッカート???


考えている曲の構想は
一致しているけれど
音の処理を、どうするか・・・


バッハはエネルギッシュな男性的な表現だし、


この突き放すような厳しき表現が
なんとも言えんねぇ・・・
今の時代のやさしき男性たちでは
これは理想の目指すべき男性像と
言い難いかも



それを女性のアルゲリッチが弾く
要は両性具有でないと表現できないのが
芸術なんだと思うね


ちょっと待てよぉ
低音 すなはち左手が聞こえないのは・・・・???
ああ、そうか
ピアノの尻尾が短いからか
弦が短いと、無理だよね









by yuurakuotozaemon | 2017-07-31 20:11 | 遊楽座へようこそ | Comments(0)
奴はこんな感じだな・・・
生きるべきか死すべきか
それが問題だ・・・・
ハムレットの旅役者のように・・・


その中に登場するこの日本人役者の存在感
これを思い出すのだ

足がちょっとむくんでないかい?

c0185356_21162941.jpg

ピーター・ブルックの映画の中で
存在感を発揮している日本人俳優
笈田ヨシ(おいだ・よし)


登場人物が黒人に有色人種にと
人種差別や既成概念がない
それがすごい


気晴らしに奴に見せたいものよ・・・
ほら、この役者 数珠持ってるだろ
これよ、これ
世界で通用する SGIインターナショナル


こんな本物の戯曲
重い戯曲は見ないだろうけれど
クイーンズ イングリッシュのハムレット

この役者さんはちょうど真ん中くらいに
出てきます、
見てくれよ

ハムレット役の役者さんは、とりわけ美しい発音で、素晴らしい演技力
ききごたえがあります










by yuurakuotozaemon | 2017-07-05 11:22 | 遊楽座へようこそ | Comments(0)

幕間にて

このマック、立ち上げるまでに15分かかるんだよ
これでは如何にもならないので
新しいのを買うか 買わないか

避難生活の命綱
何もかもコレ一つで生き延びて来てんだよ

低周波音被害者の命綱はネット環境しかないんだ

ネット検索しか
相談窓口はなく、行政は動かないしな

丸7年 音楽もできず、家にも住めず
人権もなんもない
企業一人勝ち


DVDも止まってるので


如如として変化する音の地獄は
音楽家の宿命です
それ以上をかぶってる低周波音症候群 
苦しいわ・・・


そんなことを思いながら、演奏を聴いても
楽しくありませ〜〜〜Nん
余計に落ち込むだけじゃないか!!!

はっきり言って
感動する音楽でもなく
音でもない!!


c0185356_21545966.jpg


これがこのクラブサンの共鳴板なんだけれど
ブラスが張ってあり
ピンがこんな やわいピン

これがこの時代の良さでもある
それがこの時代の、宿命でもあるんだ


これではガンガン弾いたら止めが飛んでしまう
それをガンガンと弾くわ弾くわ・・・



ビルダーは真っ暗になり
幕間には演奏者は、あれはなんなんだ||って
舞台裏で突っかかるし

製造者はのめり込むように調律はするけれど
そうはうまくいかんわな...

演奏者の演奏とプログラムがいかんのだよ
なんで、そこを考えずに
プログラムを組んだんだ!!
ばか!!


そういうことを言う人は
まずないでしょ

特に男は、どん詰まりにならんと
自分がダメってことをわからない
一つの視点でしか
ものを見ていないので



こんな演奏会になるんだ!!!








by yuurakuotozaemon | 2017-06-21 10:32 | 遊楽座へようこそ | Comments(0)
この音楽会は、なんでもありのチェンバロの演奏会で
初心者を満足させるために
何でもかんでも、ありありで
ラグタイムや、メリーウィドーなどもプログラムにあったんだよ


きっとこの演奏者の好みなんだろうね・・・


まあ、チェンバロでガンガン弾いて
楽器が壊れそうなそんな感じで
ビルダー 製作者がかわいそう

そう、そんな弾丸演奏はクラブサンには相応しくないから
だから、フォルテピアノに進化したんだ


そのプログラムで一番響いたのが
このジョスカンデプレの曲ですが、


本物を知っているだけに
複雑なこの心持ち







美しいでしょ
これだって、YouTubeアップではないですか
音悪くてコレですが
のんびりしているのは、神様を怒らせてはいけないから



よく響く壁面反射の建物でこれが鳴ったら
そら、、、、倒錯の感じになる



天正少年使節が持って帰って来た西洋の音楽で
聚楽第の秀吉がこの曲を気に入って
踊り出したという逸話があるが

本当のところどうだったかは
わからんの






by yuurakuotozaemon | 2017-06-18 20:30 | 遊楽座へようこそ | Comments(0)

嫌な演奏会やな

今日はこの大阪の時代遺産というか
いつみても威圧的な
ブロンズ像やな

今日は気分が暗いので
何をみてもイマイチな気分ですがね

相変わらずこのブロンズ像のおっさんは
ここに君臨し
普段は一般公開できないって
そこでの演奏会で



それが売りなんだろ・・・
この企画者の実力???
女王さまの政治力なんだろうか


c0185356_20052771.jpg

この天井を見て
そして反射がどんなか
体感覚をまあな・・・・


付き合いできただけだから
ご機嫌斜めの王様を
なだめることができる
音楽ができるか、こいつ
今日の演奏者は

悪口を言ってやろうと思うので
名前は伏せような



c0185356_20052896.jpg
お客は遊びに来ている方々で
現代の王侯貴族であることは
一目瞭然だ

こんな高齢者ばかりで、
クラブサンの音色が聞けるんかいな
壁面反射のたゆたゆとした空気振動を
あなた体感できますか?



c0185356_20052805.jpg

今日は2段鍵盤のクラブサン  ハープシコードともいうなぁ
調律は真っ暗な表情で、神経を集中し
お客の雑談の中を
のめり込むようにしながら、頑張ってるが

所詮製作者で、調律師でないので、音が固いのだ
ピンがカチッと止められてしまって
それでは音の変化が  ないんじゃ にゃいか?169.png



集中して音を聞くに
耳が痛くなって来たよ


そうそ、小さい音、大きい音に関わらず
耳は痛くなるんだよ


ここから先は音楽家の耳で
低周波音症候群だからではありません


by yuurakuotozaemon | 2017-06-17 21:06 | 遊楽座へようこそ | Comments(0)

エルギッシュな歌だろ

椿 迷いインコの掲示板を見て
菊爺のことを思い出したの
可愛がっていた子が何かの拍子で行方不明になり


寂しくて、そっくりな子を飼うんだけれど
またそれが、、、性格が違ってさ
うまくいかないのね

かわいそ〜〜〜〜(心)
そういう話を思い出した時には
こんな歌を思い出します
とんでもない昔の歌で
椿は知らない範疇なんだけれど




by yuurakuotozaemon | 2017-05-14 20:32 | 遊楽座へようこそ | Comments(0)

今日は男の子の祝いの日だ
男の祭りにふさわしい音楽
それをイメージすると
これしかない
バッハだ・・・・


そしてカザルフの無伴奏チェロ
この音は絶 安心できる気持ち良さであるし
なんといえども
この男らしい表現が素晴らしい

有名な音楽家 カザルスだから選んだのではなく
男のエネルギーが感じられる
そういう一品です






男というのはこういうダイナミックなもんだ


長々聴いてみて
素晴らしいぞ






by yuurakuotozaemon | 2017-05-05 19:34 | 遊楽座へようこそ | Comments(0)