人気ブログランキング |

音作衛門道楽日記 otozaemon.exblog.jp

音楽家のお遊び


by 遊楽音作衛門
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2010年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

c0185356_2032115.jpg

   寒風の篝火花  すっくと立ちて 我に手を振る

音作衛門さん、明けましておめでとさん
お正月どうしたはったん?
あんた 顔 三角になってんで、随分やせて・・
だいじょぶかいな

私らには判らんけど、大変なことになってしもて、えらい災難やねぇ
生活も音楽も、でけんようになって、はや半年、ゴリ押し工事のガタガタから1年でしょ、長過ぎる。
あんた一人じゃなくて弟子も皆やられるて・・
そりゃ相手がワルすぎる。

今日も衆楽園に帰るって
あそこは暗いから気いつけて帰りや
ここから随分遠いやんか、この寒いのに、大変や

音作衛門さん、相手逃げ切りかけてんのちゃうの、
後々のためにそんな悪い態度、なんとしても正さんといかんで
たとえ負けても判例が後々に残るよって、世の中のために闘いをおこさな

どうせ、すめんなら、でたとこ勝負
by yuurakuotozaemon | 2010-01-11 11:28 | 音作衛門物語 | Comments(0)
つき姫ネムネムの図
c0185356_1251729.jpg

おやつだよ〜鰹節
c0185356_1251719.jpg


つき姫の 平和な寝顔は お疲れの 人を癒して 人を和ます

先生 明けましておめでとうございます!
いつものカリカリを買って帰ろうと・・・
お正月の間、違うのを食べさせたら気に入らなくて食べなくて、カツオ節ばかり食べてて・・
毛並みが悪くなっちゃって、
失敗、失敗

椿ちゃん お正月に北摂の救急動物病院に、駆け込んだ患者さんがいてね、35万も使ったってよぉ
CT MR 各種検査に、手術で
いくら家族でといっても、ちょっとね・・・
どんな時でも朝まで待つのよ
もしも係ったら、とりあえずの症状だけ止めてもらって、たとえば下痢だけの薬もらって帰って、1万円よ。

え〜〜〜そうなんやぁ・・・・
ほんまもんのお姫様やわ
病気にならないように注意しな
今年もつき姫の健康を守ってくださ〜い!
よろしくお願いしま〜す。

でもちょっとまてよ、これってライバルを蹴落とす作戦かも・・・・???・・
いかんいかん 主治医を疑っちゃ、いかんいかん!
by yuurakuotozaemon | 2010-01-10 11:40 | お猫友達 | Comments(0)
c0185356_1221926.jpg
この惨めな姿を見て下さい。 丸坊主でしょ
c0185356_1625890.jpg

実は昨年のブログでおひな祭りの時に咲き誇っていた方の蘭ちゃんなんです。
アカヒゲ先生が演奏会のときにくれた子なんだけど、株分けを椿がブッスリ去年にやったのです。
花屋のお姉さんにお願いせずに椿がね.

そうするとこんなに惨めな姿になっちゃって・・・
後悔したわけよ・・・
根っこをぶっすり切ってしまって、さすがに弱って、まさに瀕死でさ。
c0185356_1221992.jpg

ところが
よく見てよ!
花芽が
ついてるのよね







株分けに鉢替えしたら、次の年は花がつかないちゅうのは、皆が知ってることですよ。それがこのように花芽がついて、
写真入りのブログも続けて書いておくもんね

既成概念を打ち破り、なにごとも不可能はないってことを証明!!

このぶんだと低周波騒動にも勝てるわね
蘭ちゃんにできて音ニイに出来ないわけないわよ・・・ね
by yuurakuotozaemon | 2010-01-09 00:25 | 椿のお部屋 | Comments(0)
c0185356_13103659.jpg

     紅里芋 大根 カボチャ

師匠 新年あけましておめでとうございます。
これ、年始の品です。

遊楽孔雀丸の稽古が今日から始まります。

広島の郷里に帰省していて、義母が作った本格派家庭菜園、いや農業ですが、なかなかのできですよ。
貧乏なのでこんな物しか師匠に捧げられず、今年は孔雀はさらに頑張り、きっと稼げる音楽家になってみせます!

孔雀丸の新年の決意であります。

今年は自分のリサイタルを計画しているんです。南大阪に老舗の旅館があるんですが、そこで懐石料理つきのイベントを・・なんせこの大阪では自分で仕事を作るしか場がありませんからね、
大坂屋さんのピアノを貸して頂いて、そこに運び込み、遊楽天四郎とやってみようかと。

年始のイベントは・・・・母親にもけなされて、自分で音楽を作っても、どうもうまくいかなくて、
自分ではそこまで酷くはないと思うんだけど・・・線の細い演奏だって


この有機野菜のような、荒削りだけどスケールの大きい演奏ができたらいいな
今年の課題だ、男の演奏ができるように、研鑽努力をな
by yuurakuotozaemon | 2010-01-08 10:24 | 遊楽座へようこそ | Comments(0)

花びら餅

c0185356_18113996.jpg

鶴屋吉信の御所鏡 通称花びら餅

初釜の頃となりましたが、この花びら餅は平安の昔から宮中のお正月の祝膳の中にあるようです。
始めの頃は餅に大根を用いていたようですが、後に牛蒡になったようで、
音作にはペキンダックに見えるのよ・・・
中国から渡ってきた、そんな感じがアリアリです。

この花びら餅を作っているお店は、毎年毎年同じ味で、飽きもせず作り続けているようで、伝統と老舗の味をまもっているわけです。ところが人間の脳は7年でワンパターンに飽きるという学説もあり、持続するということは至難の技ともいえるのです。

音作達音楽家は自分のレパートリーを何千回も弾いて、
お客の喝采をささえに、鍛えられた技で勝負さ
天職と思って
収入は少なくてもさ
天職は 転職ではないからね
命に刻まれた使命さ
それを自覚すると、長続きするんじゃないかな・・

披露するなら、洗練された品格、美、技、肉体、それがクラシックの意味
トラックバックの答えになったかな


さあ稽古初めだ、有楽座 始まり始まり〜〜〜
by yuurakuotozaemon | 2010-01-07 10:14 | おいしいおやつ | Comments(0)

松づくし

  衆楽園の門前の松
c0185356_10335891.jpg

c0185356_10335863.jpg
c0185356_10335874.jpg
この辺りは古くからのお屋敷で
このような立派な松が






人さんのお家の松やけど、ええ眺めや・・







それでは端唄の松づくしを一曲

一本目には池の松 二本目には庭の松 
三本目には下がり松 四本目には志賀の松
五本目には五葉の松
六つ昔は高砂の 尾上の松や 曽根の松
七本目には姫小松 八本目には浜の松 
九つ小松を植え並べ
十で豊久能の伊勢の松

ここからが粋な歌詞やね

この松は芙蓉の松にて 情け有馬の松枝に
口説けばなびく 相性の松
又いついつの約束を 日を松 時松 暮れを松
道理の松に契りを込めて 福大黒をみさいな


口説けばなびくちゅうとこがいいでしょ・・
次の逢瀬をいついつと待つわけで、
道理の松は夫婦のことやね

こんな二本の松を、持てる人は幸せもんやねぇ
by yuurakuotozaemon | 2010-01-06 09:44 | お遊び街道 | Comments(0)

一年を振り返ると

この1年、よくこれだけ書けたもんだと、この遊楽音作衛門、自分ながら感心いたします。

さて本日より、この音作衛門道楽日記は、エキサイトブログに、家賃を払って生活することにあいなりました。
これで画像は無制限で、PDF出版も申し込めるのであります。

大切な記録を守るため、家賃を払うしか・・・・ない!
貧乏音楽家としては苦しいけれど、
さらに発展させる可能性をかけて、
やってみます。

隅から隅まで ズズ ズイッとよろしく 閲覧賜りたく
御願い奉りま〜する。
by yuurakuotozaemon | 2010-01-06 09:43 | ひとりごと | Comments(0)

衆楽園の花芽

寒いお正月やねぇ
衆楽園の花芽がこのようについています。梅かね・・
新春都々逸を一曲
c0185356_14201648.jpg


  雪は悪性で 苦労をさすと 言うてにっこり 笑う梅

今日から稽古を始めなくちゃ
どれだけ苦しくとも、日々の自己訓練を怠るわけには参りません。
この遊楽音作衛門 サロンのピアノに向かうのでした。
音階練習だけでもしなくちゃな・・・たとえ30分でも弾かなくちゃ

スタインウェイのB型は音の伸びがよくて、低周波と共鳴して、弾いている自分の左の耳が痺れて聞こえなくなります。

今日は寒いので少々ましだけど、それでも長い時間になると頭痛がくるねぇ
観賞している側には、違いが判らないけれど、弾き手の方は地獄やねぇ
これを証明しろと言われてもね・・
門下一同で訴えたとしても、説得力があるようで、ないのかも

このままでは耳に障害が残るんだが、冬は必ず 春となる そう信じて今は耐えるしかない。
by yuurakuotozaemon | 2010-01-05 09:25 | ひとりごと | Comments(0)
c0185356_14225020.jpg

ペナコプレッシアーノロッソロンケドーネと
グローヌボリアリスブリュット1997

さて年始の宴会であります。
大坂屋のシャンパンを飲みながら、低周波談義であります。

今年は孔雀丸は飛べるかな??
音ニイそれは無理よ、孔雀には飛ぶ能力がないんだから
パガニーニの超絶技巧を弾けるかと言ってるのさ! 
椿はコロラチューラ ハヒハヒ歌えないもん〜〜無理なんちゃうか、ハハハ
天四郎も生活に追われ稽古も滞ってるし、リストなんてほど遠い
うちの門下は試練の年だぁ・・・

だいたい音楽は人にはわかりにくいから、判断つかないし、私たちに聞こえても普通人には聞こえない音なんて、いくらでも溢れてるじゃんか 銘器は音がいいから銘器なんで、その差は大きいけど、皆判らんちゅうの
技術の優劣だってオリンピックやコンクールをかけないと判らないしさ

低周波なんて、まして見えない、聞こえない音でしょ、判れって言ってもさ・・・
裁判官に客観的に判るように表現しろって言っても、音楽だって聞いてない裁判官に、弁護士に、検事に、メーカーさんに、医者に、

この本によると、冷蔵庫のコンプレッサー被害者は沢山いて、悪戦苦闘でその傷みを客観的に表現しようと躍起になってるって
今までの裁判記録では勝ったためしがないってよ
ようは、ありもしないことを言い立てて、文句付けてととられるんだ
絶望的だ・・耳に後遺症が残ったら音楽家は廃業だよ

天四郎は耳の後ろが鼓膜より痛いっていうけど??
そりゃあ、耳の基底部が音を聴いてるからな、そして感覚中枢で脳だから、簡単にいえば脳が痛がってるんだ。この聴覚や感動が、脳の何処で起こっているか、がまだまだ解明されてないからね。

音にも人を気持ち良くさせる善い音もあれば、人を傷つける悪い音もあるってことよね。

このシャンパンはいいのは頭が痛くないけど、悪いのは頭痛がするじゃないか・・・
悪酔いするのは悪い酒だよ
何で悪酔いするか客観的に論証せよってことかね
酒だったら判るけど、音はわからないってことよね
ナンセンスだよな・・・

見えない聞こえないけど確実に存在するものもあるんだけどさ・・
ピッカリンも今年は自分のマンションの低周波騒動で、占ってくれないしね。
私情が入ると心がかき乱されて占えないんだってね
大変な年だよ
by yuurakuotozaemon | 2010-01-04 10:41 | 音作衛門物語 | Comments(0)
c0185356_13504765.jpg

つき姫 見返り美人の図

謹賀新年 大坂屋でござりまする。
それにしても寒いお正月で、つき姫の背中は猫背がさらに猫背になって、このように。
動画であればこのオシッポがプリンをトントンしているんだけど・・ね

ご当地プリンはまさに今定番になりましたが、この神戸プリンを帰省土産として選ばれた方もおられるのではないでしょうか。
さてそのお味はいかに!!
つき姫に鼻で、いやシッポであしらわれているようじゃ・・ね

今年も美味しいお菓子を一杯紹介しなくちゃ
関西にはまだまだ美味しいもんがおますよってな!
by yuurakuotozaemon | 2010-01-03 10:19 | お猫友達 | Comments(0)