人気ブログランキング |

音作衛門道楽日記 otozaemon.exblog.jp

音楽家のお遊び


by 遊楽音作衛門
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:ステンドグラス ( 3 ) タグの人気記事

不思議な開運絵??

世の中には 開運絵というのがあるんです
遊楽先生 ご存知でした?
絵そのものの価値は 技術でもなく
ポリシーや社会的なチャレンジではなく

お金162.png165.png
お商売がうまくいくようにって
そんな絵なんです

買った人が幸運を手にできるように ですか?
令和の時代 21世紀でも??


遊楽先生、この作家さんの絵は
上手いんでしょうかね?
どうでしょうかねぇ?
ファンが
買い求めるようですよ

購買者が儲かってというのが、開運でしょうが


本人は急死してしまって
富士山を好んで描く人でねえ
日本中の神様に その絵のお祓いをしてもらってねえ


浅間神社とか、出雲とかですか?


大阪のえべっさんの福絵に選ばれたっちゅうの

そんなコンテストあるんですか?
いやあ、知らんかったわぁ


遊楽先生でも、知らないことあるんですねえ
この作品ですが、
いいのか悪いのか
価値がねえ、判断がつかなくてねえ
見せまひょ これで おます



不思議な開運絵??_c0185356_18054317.jpg
これが人生最終章の作品
これは結構な力作と思うよ
でも


ステンドグラスはキリスト教であるし、日本の8000000の(やおよろず)
8000万の神様


キリスト教にも進出したかったのかな
みんなが欲しがる開運だけれども
どうなんだろうかな...
よくわからんね
作者の名前は伏せよう



芸術作品そのものに価値があるって
そう教えられて来たからね
..

by yuurakuotozaemon | 2019-04-06 18:35 | 遊楽画廊 | Comments(2)

大坂夏の陣

華やかなステンドグラス
こういうのを見ると 淀君や細川ガラシア夫人をイメージするのは
大阪人だからかな・・・
打ち掛けやね


大坂夏の陣_c0185356_11500494.jpg

大坂夏の陣 この時代ならば戦になれば肉弾戦で生きるか死ぬか
しかし今は21世紀で大量破壊兵器 集中ミサイル攻撃で国土全部が潰滅状態になってから
それがおさまってから、戦車隊が出動し
歩兵が上陸するのは、一番最後だ
若い青年がいなくても、
戦争はできる


今朝も朝早くから、原発反対デモに出くわした。
核廃棄物質 プロトニウム何個分とか、大声で叫んでいたよ
台風が来るというのに、ご苦労さんです


低周波音被害者の会員の音作衛門からすると
うらやましいな
デモができるだけ、人数も揃い、世間にも名前が知られ、
マスコミにも取り上げられてる


なんとかそこまで、いきたいなぁ・・・


すべての低周波音被害音源を撤廃しろ!!
そうでなけりゃ 国民は精神に異常をきたし、脳が破壊されるぞって
デモをしてみたい

ああ、、いかんいかん
そんなシュプレキコールをしたら、
カルト集団どころか
狂人のレッテルが張られてしまう



淀君は悪女 ガラシア夫人は邪教の謀反人
史記の時代から歴史は・・・

かってよなぁ





by yuurakuotozaemon | 2014-07-08 08:33 | 遊楽画廊 | Comments(0)

椿これ欲しい♪

椿これ欲しい♪_c0185356_13432990.jpg

椿は前からこのスタンドが欲しいんよ
でも13万5千円
ちょっと今の椿には贅沢なのよ

いいでしょ・・・・

椿これ欲しい♪_c0185356_13432981.jpg

 この猫の目がいいでしょ・・・色変わるんよ

音ニイは引っ越してから睡眠薬も痛み止めも切れて、やっと寝れるようになったって
でも耳は寒くなって来たので痛いって
神経修復するかって、思うの・・・
皆簡単に考えてるんよ、低周波被害について

その場を離れると嘘のように引くという時期は、遥か昔のことで、長いことさらされていると、だんだん耳が元に戻らなくなって、聴感覚に異常を感じてね。
猫のたりるさんは何ヶ月かしたら症状は引くと言っているけど、元の環境に戻ったらまたなるの
日常生活はできるだろうけど、音楽家にとっての聴感覚は元に戻るかどうか
誰にも分らないの

閉じきった耳を治すには、音楽をするのが一番なんよ
私たちはそれがわかってるけど

セファランチンを切ったら、痛くてそこらへん転げ回ってるわ・・・・
まだまだ駄目みたい
by yuurakuotozaemon | 2010-10-24 11:09 | 椿のお部屋 | Comments(0)