人気ブログランキング |

音作衛門道楽日記 otozaemon.exblog.jp

音楽家のお遊び


by 遊楽音作衛門
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
前の戦争で大陸からの引き揚げ船で
日本に帰る人たちは
小さな船だけれど

サメがウヨウヨ寄って来て、船を揺するので
怪我をした人や、子供を
海に投げ込んで、

自分たちが助かるために、それをして
子供を生贄にされた母親は、気が狂れたんだ

人間はそんなったら何をするかわからないケダモノ


人として当たり前のことができる
またそういう場面に遭遇しないで生きれるってのが
福運なんだと思うし、平和なことと思うのだ


c0185356_18050623.jpg
水仙の葉を食べて、毒に当たったという人間も出て来たなあ
ニラと間違えた??
雑草と間違えて抜いた奴もいる



低周波音被害者も因果関係が認められないという政府の言い分で
いないことになってしまい(数が少ない)
家を追われて、散々な目にあっていても


行政は、何もしないし、
下手すりゃ、あざ笑って、蔑まれ(向こうは無知と思ってるからな)
企業も省庁に圧力をかけて、封じ込めて(金儲け)
やりたい放題だ


議員も選挙のことしか考えてないか??
自民はそうだな・・・売国奴だから利権づけ

野党にしても気骨のある時代は過ぎてしまった


資本主義の、一番の残酷な部分ねえ
サメの餌食になってるのが低周波音被害者よ
民主主義の、多かったら勝てる、少なかったら負けるってのも
これも同じようなものさ・・・
船に乗り合わせた連中で、弱者ってことよ


一艘のちっこい船が日本丸
そこで生贄になるのが、弱者で
辛いが仕方なしというのが、大多数で、経済界

そんなことをしていたら、遅かれ早かれ全員沈没日本丸


おい、北朝鮮にはミサイルを撃ち込んじゃいけないよ
そこにも よく理解できていない民衆がいるんだ
子供を生贄にされて気が狂れた母親を
出しちゃいけない









by yuurakuotozaemon | 2017-04-25 18:25 | ひとりごと | Comments(0)
まだまだもめている 安全保障関連法案

ばかやろ〜〜解散いらいの暴挙だな
殴り合いの喧嘩だったあの国会


いまは爺さんが青年を殴って
負傷させて びっくり


女性議員が立ちはだかり
拒否行動
セクハラとは参った・・・


だれがこんな作戦を立てたのか
集団的になると
やってはいけないことを平気でやるので
怖いのよ



c0185356_19064025.jpg


ちょっと考えたらわかることを
どうなってんだろうか・・・??
この品格では、国民の代表にはふさわしくないと思うのだ



自衛隊を丸腰で危険なところに派遣するのは、ちょっと・・な
世界はいろんな危険が存在している
自分の身は自分で守るのが基本だが
かといって
鉄砲を打てば 国際的に問題が起こる

それをなんとかできる 日本国ではない


なんせ、女性が輝く世界では
女性を盾に使える世界でしょ・・・
男女平等、とはいえ、
受けた女性議員もどうかと思う

個人の思いよりも、
党の意向でやるんだろう
そこが問題なんだ

良識では考えられない
当たり前のことが わからなくなってしまう



まあ、それが集団の狂気なんじゃろうな・・・
猫を殺せ!
黒猫は悪魔の使い!
そんな狂った時代と国があったが、

この国会中継を見ていて
そう思った。


いやまてよ、テロには強いかもよ
相手が獣の場合は、やるっきゃないのかな


でも戦争に突入するには
こんな集団ヒステリー 
そして金だろ
自分は正しいという 勝手な思いだ


直感的に 危険と感じているのは 
国民ではないのかな・・・
夢の中で凶暴な野獣が暴れ回る、
心理学者はそれを
察知していたっていうから


どちらにせよ、これで
戦後日本、一皮脱皮をしたということだ
世界並みの軍事費がかかってくるな065.gif


どうこの日本丸を舵取りするか・・・だ


えっ、早速 自衛隊法見直しかよ
その手の株はぐっとああがるんだなぁ・・・032.gif





by yuurakuotozaemon | 2015-09-20 08:00 | 音作衛門物語 | Comments(0)
自らの決断が時として、社会の空気や時流に逆らうものと
非難される場合があるかもしれない。
それでもなお、信念を貫き通さなければ「不善」となり、
結果的には多くの人を苦しめる「大悪」を招くことになると訴えたのが、
創価学会の牧口初代会長でした。


世間的な毀誉褒貶等に気兼ねして悪くはないが、
善もしない所詮世間並みに暮らせばそれで足りとして、小善に止まり
甚だしきに至っては
法律に触れさえしなければ何をしても良いという生活を
統べて謗法と申します。


謗法とは一般的に、仏教の教えに反し、それを破ることを意味しますが、
牧口会長の言葉には、より広い意味での「人間としての道」に反することへの問い直しが
込められていたといえましょう。


翻って現代、政治と経済の影響によって、悲惨な事態が生じる背景には、
「法律に触れさえしなければ何をしても良い」といった、
他者の痛みを顧みない自己正当化の風潮が強まっていることが、
往々にしてあるのではないでしょうか



その風潮が続く限り、一時的に繁栄を謳歌できているようにみえても、
後に残るのは、我が亡き後に洪水よきたれという
身勝手さが招く悲惨ばかりで、
持続可能性の追求など望み得べくもありません。

by yuurakuotozaemon | 2015-01-28 07:13 | ミニ学問 | Comments(0)

ユニセフの猫

c0185356_117243.jpg

   逆境に 負けない命の逞しさ
   明るい瞳に探す 君等は
   平和の大使の 誓いを新たに


先週ユニセフの新年交流会にでかけました。
その時に買った猫のはがき
白猫の笑いが人間臭いでしょ

ユニセフの会合に持ち込んではいけないもの
まず第一に 武器
これは当然のことですね
第二に酒
第三にたばこ
まあこれもわかるね、煙草は癌になるんだからね

第四にミルク
これは知らなかった・・・
水が悪いので、粉ミルクをとくと下痢
水がよくても、暑いところでは腐るしね

知らないことを知った喜びはいいねぇ・・
平和の色のイメージは、明るい色が沢山使われていることかな・・・

このはがきには、渡辺あきおさん作
さんにんの期待と、誘われて集うって、題がついてますよ
期待と集うという言葉が、ユニセフに相応しいねぇ

この人の作品は、題がしゃれてて、詩心を感じさせるよ・・・
言葉の選び方 勉強になるね
興味のある人は他の作品を検索してよ
by yuurakuotozaemon | 2010-01-29 10:05 | ミニ学問 | Comments(0)