人気ブログランキング |

音作衛門道楽日記 otozaemon.exblog.jp

音楽家のお遊び


by 遊楽音作衛門
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

タグ:汐見文隆 ( 26 ) タグの人気記事

調子悪い

どうしてこんなに
咳が切れないんだろうか

まだ咳が切れず、鼻炎? アレルギー?
眼科に行っても、耳鼻科も、今年はこういう人が多くてと

椿 アレルギーがあるのを分かっているのでね
アレグラなど飲むんだよ
ちょっとマシになる


c0185356_19015604.jpg



祇園祭の維持費と運営費を、ネットで募集したら
一日で300万円の目標額を達成してって
すごい文化力


どんどん日本も世界も 
変化変化の21世紀になってるよ



椿の咳も、これは黄砂かな???
汐見先生、、どう診断されるかな?

コンコン、咳をして
鼻水が出てさ

ほんと調子悪いの・・・・



汐見先生、早く生まれ変わって、
環境と人と、医学と、なんかかんかを
守る人に再生してください



椿 ほんとコンコン咳が出て
どうして???って
思う今日この頃です


地球は大丈夫???






by yuurakuotozaemon | 2017-05-10 19:11 | 椿のお部屋 | Comments(0)

悟りの境地だな

いっぱいの人だろう・・
これだけいろんな人が集まると
いろんな思いがあって

汐見先生はこちらの思いと
他の人の思いは
一致することがないので、
それをよく教えなくちゃいかん

そうでなければ相手の立場に立って
聞く耳を持たず
人間関係を失敗すると言われていた


c0185356_08084428.jpg


仏法では、釈迦が法を説くその時に、このようにいっぱいの人が集まってきて
その法を純粋に聞いて、賛同する人
その法を聞いて、悪口惨憺、反対に転ずる人
その法を聞いても、何も感じない人

そしてダイバダッタもその中にいる
これは悪党の総称だ
釈迦に対して嫉妬をし、自分の方が上との思いを抱き
命までも狙おうとする


もちろん、金儲けのお商売もやってくる
人が集まるところでは、お商売ができるでしょう
今だったら、選挙の票を求めて議員も来るし
正義感で反対運動を起こしても、
全く違う思いを持って、そこにやって来る

釈迦が有名になるにつれて、
その姿を見るだけでも、顔を背け、目を合わさず、石まで投げる奴も出てきて


それをも悠々と乗り越えて
釈迦は法を説いた

民衆が幸せになるようにな・・・・・



c0185356_08084568.jpg

和歌山城では、当日このようなイベントがやっていて
演歌歌手などが歌っていた
もちろんバザーも、ご当地土産も売っている。
テキ屋さんもいるし、新聞社が宣伝のために景品を配っている


仏法や芸術を勉強していると
そんな世の中はたやすく見破ることができるし
また、何を目的に
この人は自分に近づいて来るかってことも


わかるんだよ・・・・







by yuurakuotozaemon | 2016-11-07 08:58 | ひとりごと | Comments(0)



汐見先生が和歌山から公害を無くそうとされた
様々な取り組みの一つで
印象に残る話があった


和歌山といえばみかんの産地だが
農薬を散布した青年が、死亡した。
そこの家は国を相手取って
裁判を起こし
最高裁まで駆け上がった


第一審敗訴
農家がみかんの収穫高をあげて金儲けをしようとして
農薬を散布したんだからと
負け戦だった

村町のことであり、お上に刃向かう家ということで
周囲は理解を示さずに
傍聴も少なく、苦戦が続くが
最高裁では勝利を得た

和解金でこの家を建てた
その記念撮影がこれだ


一同晴れやかな笑顔



c0185356_17350294.jpg
農薬散布のために亡くなった青年の家庭に、陰になり日向になりして
汐見先生は裁判に協力された

そりゃそうだろう、先生の医者としての原点は
外因性疾患と、内因性疾患と、病気のには二通りあって
外因ならば、それを除けば、完治するというというのが
考え方の大黒柱なんだから
農薬散布で死亡すれば、
それは殺人でしかない


今の時代であれば無農薬がキーワードであるけれど
昔はそうではなかった
先生のバックアップは、医学者として
めっちゃ新しい、考え方だったと思うし
田舎の農家が訴え状を書くにしても
医学的な答弁を考えるにしても
できるわけがないのでね


ほら、先生だ・・・
集まった方々がめっちゃ若い、というけれど
そうとは思えないな
いつも変わらないネクタイなしの先生だよ



命が青年だから、全然変わらないよ

c0185356_17350361.jpg

汐見先生は和歌山に火力発電所が出来た時にも
市民運動を立ち上げて

原発反対運動も立ち上げられて、和歌山には原発はない


そうそうタバコの肺がんねえ、
新幹線の中でかつてはモクモクだったでしょ
吸いたくもないのに、空気を吸って、ね
学校でも生徒がプカプカ、家でも家族が迷惑でって
その、要は
外因の疾患である、肺がんとかさ
それを撲滅するための、市民運動も立ち上げて、様々な人を巻き込んで行かれたんだよ


企画、運営、して人を集めてという
市民運動はなかなか続かない
いろんな思いの人がいるから
内部での揉め事がいっぱいよ


それを纏めて
いい方向に向かわしむこと

なかなか出来ないよね・・・・・

by yuurakuotozaemon | 2016-11-05 08:28 | 音作衛門物語 | Comments(0)

汐見忌か、

汐見先生が3月に亡くなって
今日は和歌山で
公害教室 最終章が開かれる

167回続いたこの会を率いてこられたのが
汐見先生だ


どこからか連絡が舞い込んだので
今日はこの汐見忌にやってきた


汐見先生の人生の業績を
ご家族がまとめられ
ご参集の皆様に送られた




c0185356_19332221.jpg

和歌山の公害問題、外因性の疾患を
常に問題視されて、
火力発電の廃棄汚染に始まり、みかんの農薬被害の問題、タバコの発癌問題、原発反対運動など
様々な社会問題を取り上げて、
市民の勉強会を開かれて、拡大し、政府に意見されてきた。

常に被害者の精神的な支柱となり
協力を惜しまなかった


爽やかな笑顔ですね・・・・


そして明日、最後の書籍が、書店に並びます。
最後の最後まで、思索と執筆、推敲を繰り返しておられた
記念の書籍です。

被害者の皆さん、ぜひ、お買い求めください。

汐見先生、ありがとう!!


c0185356_19332358.jpg


by yuurakuotozaemon | 2016-11-03 19:55 | 音作衛門物語 | Comments(0)
汐見先生がなくなって
三七日がやってくる

葬儀のあの時
奥様はまだ生きておられて、
棺の横に車椅子で座られて
認知症らしく・・・・無表情だったが


汐見先生 長いことありがとうございましたと 声をかけると
その無表情が かすかに・・・
かすかに
微笑まれて、こちらをじっと見られた


喪服は着ておられたが
音作には、真っ白なレディにみえた


c0185356_18382944.jpg


最近は、少し気に入らないことがあると
離婚をする夫婦があり
共白髪で、生涯守り合うという、
日本独特の 翁と嫗の姿は
そうそう見当たらない。

そして介護に疲れて、殺してしまう悲劇も
あるんだよ


汐見先生ご夫婦は、いつも共々に生きてこられたようだ。

どうしてお過ごしかな・・・
時が経つのは早いなあ・・・


まだまだ事件は解決せず
家には帰れない。

でも負けずに生きて参ります。







by yuurakuotozaemon | 2016-04-08 09:25 | 音作衛門物語 | Comments(0)
音作衛門先生、汐見先生が亡くなったって
一度もお会いしたことはないけれど
いつもお話を聞いていたので
すっごく みじかに感じています。

和歌山って遠いけど、どうでした?

c0185356_19443751.jpg

3月20日に亡くなったんですね
92歳

まあ、なんて素敵な 会葬御礼でしょう、
みなさん定例文で、お済ませになりますのにね

京大を卒業し、和歌山日赤病院
循環器内科部長をへて
開業されたんですか・・・

あ、、この柚もなか
開いた途端に
柚の香りがぷ〜〜んってしますね
いいかんじ016.gif


c0185356_19443794.jpg


穏やかな人柄の中に強い正義感を持ち
いつの時も人のために一生懸命
そんな父を誇りに思います
私たちは父の意志を受け継ぎ
1日1日を大切に生きてゆく所存です




汐見先生は循環器の内科の医者で
奥様が夜間に咳をして
なぜかと思われた
そしてそこから和歌山の公害問題を、
じっと見つめられたんだ。


常に患者の立場に立った医療に
取り組んんでこられたって、書いてあるでしょ
その傍らで公害問題や環境問題にも力を注ぎ

情報のない時代に
低周波音問題に取り組まれ
自ら機器を買い込んで、全国を回られたんだ

自動車の運転ができなかったので
ご子息が運転する車で、奥様とともに
全国を回られた。


それじゃあ、全国の美味しいものを食べられたんでしょうね016.gif


いや、そ、そ、そんなことは知らないよ
君はもしや、

<マニアックなファンの癖があるのではないか?028.gif

by yuurakuotozaemon | 2016-03-26 08:52 | 満腹みやげ | Comments(0)
汐見先生は多くの著作を残された
それは全て
公害問題


いっぱいの執筆でなんと言えばいいのかな・・・?
純粋な正義に照らして


庶民に
わかりやすいなあ


c0185356_20544685.jpg

あ、、低周波音被害の話や、被害の恐怖があるわ・・
そして、、内科の医者らしく血圧計も、白衣に聴診器もあった


すごく大きな献花もたち、
名士のお家だからね




猫は泣き

音作衛門も感極まり
先生長いことありがとうございました、
そう声をかけて
帰ってきた・・

声をかけた人は、どなたって
お尋ねになった方がおられて


そんなもんどうでもいいがな
被害者の皆の声だよってさ


そうだな、自分の思いを
言葉や、声や、行動や
直接的にという人は
そうそうないのが
日本の社会だ




青に、赤に、黄色に、ピンクに
いろんな色の本を出されて
美意識センスいいけど・・

なんか、心が緩むなって

思うんだけれど


それくらいでは低周波音被害者は
救われない



猫は泣く
ギャオ==んと吼えて
爪を立てる


音作も思いは同じだよ













by yuurakuotozaemon | 2016-03-25 08:27 | 音作衛門物語 | Comments(0)

生き抜くということ

平成元年にサロンがオープンした時に
お祝いにもらった蘭が
今年の寒波に 死に絶えてしまい


新芽を植え替えて約一月
なんとか生きている


汐見先生が亡くなって、
いずれ さよならの日が来るのはわかっていたけれど
やっぱり寂しい

さあ、葬儀に出かけよう

助けてもらった被害者は
集まってくるだろうか・・・・



c0185356_21250796.jpg


この蘭 毎日見ているので、
大きくなったかどうかも わからないけれど
1.5倍には、なった



反対運動もこういうものかもしれない
叩かれても雑草のように必ず繁殖し、増えて
そのうち手がつけられなくなる


心ある人は
さあ、葬儀にでかけよう
和歌山は結構遠い
5時起きで出かけるんだ

汐見先生に会いに出かけよう
最後の時を共有しよう












by yuurakuotozaemon | 2016-03-24 05:47 | 音作衛門物語 | Comments(0)

汐見先生ご逝去

汐見先生がご逝去されました。

長いことありがとうございました。
低周波音被害者を助けてくださって
本当にありがとう


c0185356_12260390.jpg

汐見先生の御遺志は必ず、引き継いで参ります




by yuurakuotozaemon | 2016-03-21 12:34 | 音作衛門物語 | Comments(0)

泉州のあぜ餅

頂き物のお菓子です。
枝豆を潰してとろーりと餡にして


葛餅が入っています


c0185356_07454150.jpg
大阪 泉州のあぜ餅とあります。


c0185356_07454145.jpg

大阪はその昔 天下の台所と呼ばれていました。
今はビルばかりになってしまいましたが、
天王寺のかぶ、木津の干瓢、難波ネギに玉手村のこつまなんきんなど
大阪でしか取れない野菜の宝庫でした。

今 泉州の水ナスは有名ですが、一面に広がる畑のあぜには、枝豆が植えられて
それを秋の祭りに収穫して餡にして
餅に包んで食べるという風習があります

その流れでこのお菓子はできています。




中の葛餅が優しいですね・・・・

送ってくださった方はおそらく
汐見先生のことに思いをはせながら
このお菓子を選んでくださったのだと思います。
ご老人にも楽しんでいただける優しさです

ありがとうございました。


by yuurakuotozaemon | 2015-09-06 08:02 | 満腹みやげ | Comments(0)