人気ブログランキング |

音作衛門道楽日記 otozaemon.exblog.jp

音楽家のお遊び


by 遊楽音作衛門
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:浜本隆司 ( 31 ) タグの人気記事

浜本がまた個展をするって
案内が来ていたんだが
いけなかったんだ

サロンを閉じる取引で引っ張られたんだ



今回の絵は なかなか動きを感じさせる


おい、一歩抜けたんじゃないか?
龍雲がいいじゃないかぁ

c0185356_17480842.jpg




今まで静観の五重塔を書いて来た画家はいっぱいいたけれど
まさにそれが(あべちゃんの口癖)
崩壊しようとする(あべちゃんの声でイメージして)


そんな感じを受けるのは
俺だけかな...?


何もかもが焼け野原になって
そこから蘇生する
そこに生きるエネルギーが集約する
そういう感じを受けるのは
今の自分の思いが反映されているからかな




友人が頑張ってくれると
なんかしみじみ思うんだ


自分が苦境にたっった時に
こんな作品を見ると
まだまだ頑張らなって
そういう思いに駆り立てられる


若い時はヤキモチに思うのだろうけれど


そういうのはちっこい魂だ


心の扉を開いてくれる作品を
どんどん描いて欲しいね






by yuurakuotozaemon | 2019-08-11 17:23 | 遊楽画廊 | Comments(1)

楽しんでよ

浜本隆司のブログに入ると
こんな演奏がかかっていた
これ、どう思う??


我々音楽家からしたら
らしど レミファソラだけの
動機だけ、メロディ? だけの代物なんだけど

彼からしたら、どんな意味と価値があるのか?



やっぱ、、最初のカラフル鳥などとか
アート感覚ではなかろうかと・・・
音作は自分の感覚で  な
考えてしまうのだ



いろんなことを考えて
このブログを見る人もいるけれど
やっぱこちらからすると 芸術家なので
一般人とは違うことを考えて
作っているのだ



それでも浜本の心は わからん


浜本隆司の 次の作品が楽しみだ
いよいよ 芸術は
大爆発か




by yuurakuotozaemon | 2019-03-17 12:47 | 遊楽座へようこそ | Comments(1)

特別な年賀状

今年も友人からの
特別な年賀状
善意の塊よ

浜本隆司 あけましておめでとう!


c0185356_13525498.jpeg
火の鳥 フェニックス
永遠の生命
復活のシンボルだ

そしてこの女子は 袴の女子だね
火の鳥が随分進化してる
レインボーカラーっていうのもいいね
真っ赤と金のイメージのフェニックスだけれど
こういうのも悪くないねえ



さて今年の目標は
この火の鳥の様に再起だね
蘇ることができるかどうか

挑戦また挑戦
幾つになってもアンチエイジング

ダイナミックに動きたいし
テリトリーにせよ なんにせよ 拡大を目指したいんだ


頑張ります


君の目標はどうだろうか


いずれにせよ健康に注意して
お互い生き抜こうね








by yuurakuotozaemon | 2019-01-03 08:42 | 遊楽画廊 | Comments(0)

浜本隆司のおくり

秋に相応しい作品です。
美しい色と、光が彼らしい作品です
150号の大作です。

どこか掛けてくれる大きな建物はないかな


c0185356_09021520.jpg


いいでしょう、
こういうのを、病院の待合にかかっていたら、心が和むと思うのですが、


どこかないかなぁ

by yuurakuotozaemon | 2017-09-29 09:10 | 遊楽画廊 | Comments(0)

一難さってまたですか?

浜本先生の個展にいきましたよ
お会いできて、いっぱいお話しして
心がパッと、明るくなる絵でしたよ

エキサイトブログの第1位なんですってねぇ
すごいわぁ
なかなか、そんなランキング
一瞬でも取れませんよ

c0185356_19485332.jpg


浜本先生は、今一番モテモテですよねぇ・・・
すごいわぁ

少数派でなくて、多数の人の賛同を得ることがビックにつながるし
有名にもつながるし、

やっぱ女性にわかりやすい
ソフトな感じが受けるんでしょうね....


それに対して、音作衛門先生は、、、、わかりにくい分野で
低周波音被害に至っては
さらにちっこい少数派で
頭の固い、問題児ばかり

あ、、猫にひっかかれた!!
この野良猫まだ、なつかないんですか?

もうすぐ寒い冬なのに、どこが家なんだろうね
音作先生、キャッツフード買ってやったんですか、
つき姫とは大違い

猫ひっかき病になったらどうしよう
医者に行かなくちゃ
痛いわぁ、腫れちゃった


低周波症候群は医者とは無縁だって
えらく落ち込んで
地震のせいじゃないんですか?

一難さってまた一難って
また次の大きなハードルが目の前にあるって?
一体どうしたの?


花がショボーンって下向いてますよ









by yuurakuotozaemon | 2016-11-28 21:46 | 遊楽画廊 | Comments(0)

あ、万博や!

浜本隆司の個展に出かけた
これが最高!

万博だ

懐かし〜〜〜い
パビリオン!



c0185356_21142650.jpg
夢の未来都市だったんだけれど
ソ連など、今は昔だし、

よくかけてるわ....


もう少し日程があるので、見に行ってない人は お出かけください


いやあ、ほんとこれいいわ
夢の世界だよ







by yuurakuotozaemon | 2016-11-16 21:23 | 遊楽画廊 | Comments(0)
先生、今回の浜本先生の絵はどうだったんですか?
ブログを見ると、いつも城壁や城や
上から目線だったでしょ

あれは研究されてたんですね・・・
お城が好きなんやって思ってました

手塚治なんて 読んだことありません
名前くらいは知ってるけどね


今はエバンゲリオン
専門学校の生徒たち 
そればかりではありませんか?



ガッチャマンは.
テノール歌手の錦織
あいつ高々に歌うんだ
彼はこの歌が大好きで うまいですよ
コミックアート万歳ですよね




この栗を描いた人は職業芸術家?
当節珍しい

そしてこの純の字
うまいのか下手なのか
よくわからない



c0185356_19521384.jpg


たとえばこれ、ネット画面ではこのどら焼きの大きさ
この餡の濃厚さ
もちろん味はわからない


c0185356_20021444.jpg





栗小麦粉和三盆26%
発酵バターも入り牛乳に蜂蜜 卵黄卵白生クリーム
あっ大変! 重曹の字が間違ってますよ
重層だってさ 


一つ600円近くもするので、ドラえもんには与えられない



鳳凰空撮の図と 垂れ幕が上がっていますが
これ、わははは
冗談みたいだ
学生の時にレタリングをやらされました
これ手書きでしょう



こんなことして 時間の無駄って
思いましたけど なかなか上手には書けない
美大や専門学校でも
今でもやってるんでしょうかね


そうだとすれば 生徒たちへのお手本かも



この鳳凰空撮之図
レインボカラーのぼかしになってます
これすごいですよ
低周波音被害者の会って
作ってもらったらどうですか?


正式名はNPO法人
低周波音空気振動被害者の会
長すぎて、
字数が多すぎで
高くつく


おまけにレインボー グラデーション
いったい いくらかかるか、
うちの会にはとっても無理
とほほ



猫には与えられないってことですか?




はっきり言うな!
ネットやで
041.gif041.gif058.gif041.gif073.gif



by yuurakuotozaemon | 2015-10-09 09:08 | 音作衛門物語 | Comments(1)
芸術を鑑賞するとはどんなことか
聴衆は何を思い、どう評価するのか

いい鑑賞者とはいかなるものか




例えば芝居を観に行く前から、それは始まっている
何を着ていくか、を選び
そして演目が何かイメージする

それでもって、聴衆は評価する
美学論だな・・・



過去の先入観 自分なりのアートの常識
多分こんなんやでと
予想をしてでかける


その思い込みで 絵を判断してはいけない



今日はあかるいところから、真っ暗な世界にぶち込まれて
そこからの印象だからして・・・

音作衛門 じっくり考える


ネットの中の画像では、空気振動がともなわないCDみたいなもので
薄っぺらくて

人間の目は丸いので、
そして人それぞれ見えている色も、
微妙に違うようだ
おそらくネット画面で鳳凰空撮之図を
チラリズムしても
本当の良さはわからないだろう



そしてまた
龍と鳳凰は 中国の皇帝と皇后の象徴であるし、
この課題を日本で取り上げた画家は、、
形だけは
ネット検索すれば出てくる


しかし音作衛門の過去の蓄積データからすると・・・
手塚治の『火の鳥』



この抹茶白玉やスイトンが
うまいと思った時代

現在では いまいちシンプルで、
どっちゅことない味だ


c0185356_19220263.jpg


火の鳥の黎明編に、明日香の石舞台の話がある
閉じ込められた人々が
時の権力者に、シュプレキコールをする


永遠の生命 火の鳥の生き血をすすって
何日か生き延びて
生き埋めにされた地下で、抗議する



そしてまた噴火口に閉じ込められた若者は
断崖絶壁を登って自由になろうとするが
その噴火口に火の鳥は巣を作って
もがいている人間を見下ろしている




火の鳥は時空を超えて飛び
エジプトにも、近未来にも、遠い遠い宇宙空間にも自由に行き来して
人間の泥沼を見る
永遠の生命
とも連れは 猿田彦だ




薬師寺の塔の瓦は、現在存在する高層ビルの窓にも見え

見えるというのは 音作衛門の脳で見ているのだ
脳の蓄積データーで照らし合わしているからして
それを思い起こさせるということは
力のある作品と言えると思う。


今までの塔の景観や、瓦のリアリティーを思い込んでいる人は
きっとこの作品を拒否すると思うな
鑑賞者は一瞬の印象で ただ
好きか嫌いかしかない 評価をする場合がある。







浜本隆司の作品は今までと違った路線というか
スタイルを変えようとする努力が見られ
ああ、また
次の脱皮が始まったんだなと
音作衛門には思えた










by yuurakuotozaemon | 2015-10-08 08:16 | 音作衛門物語 | Comments(1)
さてこの地下室で色んな展示がなされているし、
それぞれパフォーマンスが行われていた

言葉だけで想像してくれたまえ・・


まず暗闇の地下室といえば
幽閉された女王を思うので
ドレスだ

断頭台の前の白い衣装が胴体にある
アントワネット


次は暗闇の中の白塗り女性が立ってますね
エリザベスか
スコットランド女王か・・・??


ぼ〜〜〜〜っと
照明がただただぼ〜〜っとな

アーティストの皆は
この牢獄を生かした想像力でもって
この暗闇を表現しようとしている


杉本晋一の絵は
あの寺で見たときよりも
はるかに迫力があってよく見える

そもそもが地獄絵だから・・・
ベストマッチかな・・?



場内にはじょんがら三味線のイベントがあったりして
コンクリの地下室だから
よう響く



そうだ! 音は牢獄の中まで聞こえる
外で弾いても
拘置所の中には聞こえる
うまいとか下手とか関係なく
思いを伝えることは
家族にでもできるな




鑑賞者の音作は芸術家だから
色んな想像をしてしまう




そんな条件の中で浜本隆司は
一発 すごいことを やってくれました





c0185356_18240739.jpg



真っ暗な環境の中で、めっちゃあかるい!



暗闇の課題の中で
全てを見下ろす鳳凰が
薬師寺の塔を見下ろして
うふふって色っぽく
笑ってるぞ



c0185356_18240870.jpg


今までとはまったく違う
そんな構図や視点で、これを描くのは勇気がいる


ネットの世界でパクられることは
今は日常になってしまったが
人間は自己の内面を通して
また自己の目を通して
作品を見るので



そして与えられた光で印象が変わることが
素人には
勘定に入っていない


ドローン目線で
歴史的建造物を見たら
リアルに描いたほうがいいか...?

瓦がグラデーションで
光ってる・・・



しかし彼は一体何を考えたんだろうか・・・・??








by yuurakuotozaemon | 2015-10-07 08:13 | 遊楽画廊 | Comments(0)

ねこぶし、3本勝負!


この3枚が ねこぶしキャラクター
どこか浮世絵の歌川国芳のようだね


今 ゲームの世界でこういうのがはやりだからな
これなら
友人の浜本の方がうまいと思うが・・・
まあ仕方なし


女性社員の力作か
版権があるからな・・・・


c0185356_198275.jpg



つき姫 ちこうよれ
これ食べてみるべし・・・



c0185356_1982879.jpg


ああ、食った食った、、だいじょぶそう!
担当手放しで喜ぶ




紙の皿がついていたら、さらにグレードアップかな・・・
猫好きは多いから、密かなヒット商品になるかもしれず、
猫キャラを学生から募集すると、もっといいのが集まるかも
学生に夢と希望 そしてプライドとキャイリアを与えられるかもしれんね


そしてさらに商品開発
学生だから版権で苦しむこともないしな・・

水以外には何にでも印刷できる時代だから
靴下から、Tシャツから、
お猫グッズ花盛りになれば、椿は喜ぶし
いいんだがな∧∧


そうでしょ、遊楽先生!
そう思いますよね!


ああ、思うよ
君 事業計画書はどう考えてんの??
ネットだけじゃなく どこに商品を置かしてもらうんだい?


担当はメモをせっせと取って
真面目そのものであります。


by yuurakuotozaemon | 2014-08-25 09:03 | お猫友達 | Comments(0)